1. まとめトップ
  2. 雑学

家庭教師アルバイトを始める人へのアドバイス

大学生アルバイトの定番・家庭教師。でも、教わったこともないし、どうやって教えればいいの? そんな人へ、指導方法やコツをまとめました。

更新日: 2013年11月12日

nayokanoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
141 お気に入り 113971 view
お気に入り追加

■その1■ 仲良くなる!

まずは、相手も緊張しているでしょうから、軽く雑談を10分ぐらいはしたほうがいいと思います。どの教科が得意・不得意か聞いて、相手をよく知りましょう。

同じものに興味があるという聞き方をすると、お互いの信頼関係を強くするキッカケになります。共通点がなくても、子どもの好きなもを逆に教わるという姿勢をとりましょう。

内気な子には、ハイかイイエだけで済む質問をすると心を開いてくれやすくなります。

あまり雑談ばかりだと、相手に不信感を持たれるかもしれないので、ほどほどに、真面目な話に入りましょう。

■その2■ 生徒にあわせて教える!~心構え編~

【生徒の成績が悪く、勉強が苦手な場合】
基本は、『生徒と同レベルの場所に立って、いっしょに歩いていく』という姿勢と考えます。

教えるコツとしては、よく噛み砕いて説明することです。数学などでは、『どこがわからないのか わからない』ということが多いです。

絶不調の時は生徒も家庭教師も、お互いに対して、「やっばいなあ(何とか、かわしたいなあ)。」と思っているものです。そこを、理解しましょう。

■その3■ 生徒にあわせて教える!~テクニック編~

お互いに納得できる目標を作る。

保護者や家庭教師からのの押し付けでなく、生徒も同意していることが重要です。

とにかく褒める。ほんの些細な事でも自分の知らない知識を話そうとしたら、しっかり聞き、自分よりも凄いことを認める。

【宿題をしない生徒へ】絶対にあきらめず、粘り強く指導していく。指導中にやったことを宿題として出す。

自習の時間は、7分~10分にしてほしいんです。 僕は、実は7分で自習してもらっています。

やる気のあまりない生徒に対しては、中途半端で、少ないくらいの宿題のほうが、スタートが切りやすいし、もっとやろうという気も起こりやすく有効です。

■その4■ こういうことは絶対NG!

「知っている」者からしたら「そんなの当たり前じゃないか」「これはこうやって解くものだ」と思ってしまうかもしれない質問でも、丁寧に答える。

生徒の私物の文房具を気軽に取って使わない。
生徒の悩み相談に対してデリカシーのない発言をしない。

女子中高生などは特に、無神経なことをしないように留意しましょう。

1





nayokanoさん