1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Edowadoさん

荒牧陽子

荒牧 陽子(あらまき ようこ、1981年1月14日 - )は、日本の女性歌手、ものまねシンガー。ケイダッシュ系列のピーチ所属。

現在は休業中

荒牧陽子 Official Website

2012年12月31日より、活動休止しております。

荒牧陽子、結婚していた!

喉の酷使と精神的ストレスを理由に、今年元日から芸能活動を休止している、“ものまね女王”荒牧陽子(32)。その休業中の彼女が、今年5月に入籍していた!

しかし、その結婚をめぐってトラブルが・・・

結婚相手は、荒牧が出演したこともあるバラエティ番組の元プロデューサー・A氏(41)。くりぃむしちゅー上田晋也似の敏腕テレビマンだ。そんなA氏は昨年5月まで別の女性B子さんを妻に持つ妻帯者だった。A氏と前妻B子さんが結婚したのは、2年前の11年8月。だが、それからわずか9ヵ月後、A氏とB子さん夫婦は離婚することになる。

逆矢口状態? 荒牧の結婚は略奪婚だった!

関係者によると、A氏と荒牧の不倫が始まったのは、A氏とB子さんの結婚からわずか4カ月後の11年12月ごろ。その後、B子さんはA氏との間にできた長男を出産するため入院したが、退院して自宅に戻ったとき、B子さんは自分のものではない“つけまつ毛”を発見した。
「B子さんは、A氏の携帯電話を確認したそうです。すると、不倫をにおわせる怪しいメールが次々出てきました。その相手が荒牧さんだったのです」(前出・テレビ局関係者)

不倫発覚の経緯  元妻は子宮摘出・・・

結婚披露宴では、妻の妊娠も発表されたというが、それにもかかわらず同年12月に荒牧とA氏は不倫をスタート。翌年3月、子宮を摘出するほどの難産を経て退院したA氏の妻が、自宅に落ちていた「つけまつげ」を発見したことにより、明るみに出ることとなった。A氏の携帯電話には、荒牧からの「もう少しだけ一緒にいたかったな」「さすがに奥さん帰ってきますよね。最悪、ホテルに泊まります」といったメールが。
妻とその両親から追及を受け、A氏は不倫を告白。5月には離婚が成立したという。

その後、Bさんの元妻から6000万円を請求される…

「その後、5月に離婚が成立しましたが、慰謝料で折り合わず、今年6月にB子さんが提訴。精神的苦痛を被ったとして、A氏と荒牧さんの2人を相手に、6千万円の損害賠償を請求したんです」(前出・テレビ局関係者)

昨年いっぱいでの休業を発表したのも、A氏との不倫をめぐるゴタゴタが大きく影響していたのだ・・・

Twitter民の反応

荒牧陽子さん最近見ないと思ったらそんなことになってたのか

矢口真里と荒牧陽子といい…きり通すつもりなんだろうけど、人相にズルさが出てるよ

ものまねの荒牧陽子さん、ものまね上手くて結構好きだったのにな〜。不倫略奪婚だったなんて。相手の結婚式にも出てるのに、結婚してたの最初は知らなかった?ってそれってどうなの??相手の奥さんが難産でお子さん出産したのに、結局5月に離婚して、速攻5月に荒牧陽子さんと籍入れるなんて。。

荒牧陽子終わっとんなー笑 請求金額びびるし笑 奥さん可哀想に。

モノマネ女王荒牧陽子不倫→略奪婚か。 不倫とか浮気とかごみくず。 しかも相手のごみくず男の元妻子供いたらしいのに。 ほんとごみくずが溢れてる。 家庭崩壊とかドロ沼とかよく聞くけど、実際どんだけ地獄なのか分かってないわ こういう軽率なごみくずな大人たちみんなぶっ殺してやりたい

荒牧陽子は自分で不倫とわかっていたから 下手な理由つけて芸能界から逃げていたのでは?

どうやら、世間の声は厳しいようだ…

1





このまとめへのコメント4

  • bakahabakaさん|2013.11.16

    それと、こんないい加減で一方的な捏造記事を信じ転載したり批判コメントする愚かな連中があまりに多く残念です。彼女は日本の音楽界の宝なのに。

  • bakahabakaさん|2013.11.16

    荒牧陽子さんの人間性の良さは有名。テリー伊藤氏は何度も彼女と共演しているが、この件を報道した日テレの”スッキリ”でも、歯に衣着せぬテリー氏が、”すごく良い娘”としきりに彼女を褒めています。非人道的な事など、絶対にするはずが有りませんよ。

  • bakahabakaさん|2013.11.16

    musasino0464さんの言われる通りです。荒牧陽子さんこそが最大の被害者。10年苦労して、やっとメジャーデビューのチャンスを掴んだ大事な時期に、不倫とわかってて付き合う等100%あり得ない。最初は妻とは別れたから付き合う様言い寄られ、実は別れていなかったことを後から告げられたんでしょう。新人タレントと日TVのプロデューサーの力関係ですから。で、それを聞いて荒牧さんはPと別れようとしたが、Pと元妻の関係は実質破綻していたから元妻も離婚を了承し、円満に解決したから荒牧さんもPとの交際を継続した。Pとは元々でき婚ですし。そして、それから一年が経ってそろそろ良いだろうと荒牧さんとPが入籍した。それを知って悔しがった元妻が色々愚痴をこぼしたり相談したら、それを聞き付けた誰だかが、相手が有名人だから賠償金を取れるかもと考え(弁護士だがたちの悪い誰か?)相場の30倍近い法外な賠償金を請求する様にしむけ、それを週刊誌がキャッチし、メールなど有りもしない事実をでっちあげ尾ひれを付けて有名人の荒牧さんを悪者に仕立て上げた記事にした、というのがほぼ事実でしょう。もちろん元妻も被害者ですけどね。こういう事態に巻き込まれる隙が有った点は反省しなければいけませんが、それ以外荒牧さんに責めは無いでしょう。

  • musasino0464さん|2013.11.16

    荒牧陽子さんが一番の被害者だろう、離婚が成立して一年後に法外の6千万?ただの嫌がらせだろう
    しかしこの手の報道は話半分以下、・・・・荒牧さんかわいそう。

1