事件は1917年5月13日、快晴の昼日中に起こった。ルシアたち3人は羊を連れて、村から2キロ先のコバ・ダ・イリアという窪地にやって来た。正午を過ぎたころ、突如、空中に強烈な閃光がきらめいた。少女たちは輝く光にとらえられ、目がくらみそうになった。
 
光の中心に、小さな美しい貴婦人が出現した。彼女は子供たちに、毎月13日のこの時刻に、6回続けてこの場所に来るように告げられた。
 
3人は秘密にすることを約束したが、一番小さなヤシンタは母親に問い詰められて話してしまった。そのため3人は村中の笑い者になった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【地球】ファティマ第三の予言とは?【滅亡】

SPECシリーズでも度々語られるファティマ第三の予言とは一体なんなのか?予言、予知、陰謀、滅亡、オカルト、カトリック、教会、預言、未来、過去、宇宙人、UFO、都市伝説、秘密、バチカン、暗殺、戦争、地震、天変地異、台風、津波、感染症、回避、不可能

このまとめを見る