群衆は3万人にふくれあがった。その中には、奇跡をあばこうと目を光らせている3人のカソリック司祭もいた。

正午、明るく輝いていた太陽が急に光を失い、周囲は黄金色に包まれた。青空のかなたから銀白色に輝く卵型の物体が現れ、ゆっくり東から西へと飛びながら、子供たちのいるヒイラギの木の上に静止すると、白雲が生じて物体を包みこんで見えなくなった。

人々がこの奇妙な光景に目をこらしていると、白い綿状のものが空から降ってきた。人々が手を伸ばしてつかんだり、帽子で受けると溶け去ってしまった(註、これはエンゼルヘヤーといわれる典型的なUFO付帯現象である)。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【地球】ファティマ第三の予言とは?【滅亡】

SPECシリーズでも度々語られるファティマ第三の予言とは一体なんなのか?予言、予知、陰謀、滅亡、オカルト、カトリック、教会、預言、未来、過去、宇宙人、UFO、都市伝説、秘密、バチカン、暗殺、戦争、地震、天変地異、台風、津波、感染症、回避、不可能

このまとめを見る