1981年5月2日には、アイルランド航空164便がハイジャックされたが、犯人はカトリック修道士で、要求は「ファティマ第三の秘密を公開せよ」であった。

60年代になってこの記録を閲覧したローマ教皇ヨハネ23世はその内容に絶句し、再度封印してしまい、続いて次代の教皇パウロ6世も再度封印を解いたが、そのあまりの内容に、数日の間、人事不省になったという。

こうした経緯の後で、2000年5月、教皇庁は、1960年以来、40年間発表を先送りにしてきたファティマの第3のメッセージを正式に発表した。

出典ファティマの聖母 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【地球】ファティマ第三の予言とは?【滅亡】

SPECシリーズでも度々語られるファティマ第三の予言とは一体なんなのか?予言、予知、陰謀、滅亡、オカルト、カトリック、教会、預言、未来、過去、宇宙人、UFO、都市伝説、秘密、バチカン、暗殺、戦争、地震、天変地異、台風、津波、感染症、回避、不可能

このまとめを見る