1. まとめトップ
  2. 雑学

雷が魅せる一瞬の光景!恐ろしくも美しいカミナリ画像集+α

恐ろしい雷鳴とともに魅せる雷の一瞬の光景をとらえた美しいカミナリ画像をまとめてみました。

更新日: 2013年11月15日

228 お気に入り 44980 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

雷(かみなり)とは、電位差が発生した
雲または大地などの間に発生する大規模な放電現象。

その場に居合わせるととっても怖いのに、
その姿は不思議と美しさが。

雲全体が輝くことも。

カミナリの語源とは?

昔、雷は神が鳴らすものと信じられていたため
「神鳴り」と呼ばれた為。

こんな場所には居合わせたくないものです。

カラフルな閃光が
まるでモダンアートのよう。

稲妻(いなずま)の語源は?

落雷した稲穂は雷に感光することで実るという理解が生まれ、
雷を稲と関連付けて稲の「つま(=配偶者))と解し「稲妻」に

落雷によって大気中の窒素
(植物にとって、リン酸、カリウムと並んで肥料の三要素の一つ)が
田畑に固着(窒素固定)されるため

必ずしも大地に落雷するとは
限らないんですね。

横に走った雷はまるで龍を想わせますね。

急に雲行きが怪しくなって
カミナリに出くわしたときって怖いですよね。

青天の霹靂(せいてんのへきれき)の霹靂とは?

青天の霹靂(せいてんのへきれき)とは、
急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。

晴れ渡った空に突然起こる雷の意

霹靂(へきれき)とは、
かみなり。いかずち。雷鳴。

落雷による死者は年間何人くらい?

1994年-2003年の統計(警察白書)によると、
日本での落雷による年平均被害者数は20人、
うち死亡者数は13.8人であり、被害者の70%が死亡

高いところに落ちると言いますが、
高いところがないと低いところにも落ちるんですね。

雷は、雷雲の位置次第で、
海面、平野、山岳などところを選ばずに落ちます。

グランドやゴルフ場、屋外プール、堤防や砂浜、海上などの開けた場所や、
山頂や尾根などの高いところなどでは、人に落雷しやすくなるので、
できるだけ早く安全な空間に避難して下さい。

落雷はいろんな場面で…

寒いところでも雷は起こるようです。

火山の噴煙でも雷が発生することがあるんですよね。

溶岩とともに…
恐ろしすぎる光景ですね。

関連リンク

1