1. まとめトップ

巨人ドラ1から“漁師”に…DeNAの入来用具担当のウナギ捕獲までの軌跡【釣り解説付き】

DeNAの入来祐作1軍用具担当が、鹿児島・奄美大島の秋季キャンプのかたわら、連日の漁を行っています。巨大ガニやテナガエビ、ウナギなどを次々に捕獲し、「ネーチャー入来」と呼ばれるまでに。漁の記録です。ちなみに、入来用具担当は、元は巨人のドラフト1位で、2001年度には13勝4敗の成績をあげた投手です。

更新日: 2013年11月13日

2 お気に入り 7852 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2013年秋・奄美キャンプ

入来用具担当、うなぎ捕獲までの軌跡

8日、ウナギ捕獲に失敗。9日、捕獲に失敗したウナギを発見。

球場近くの川の岩陰に、しっぽを発見。「ウナギですよ。昨日のヤツですね、間違いなく」と、声を上ずらせた。

もとは巨人ドラフト1位の名投手

画像:はまれぽ.com

なぜ現役から「用具担当」の道へ

「用具係への抵抗、むちゃくちゃありました。最初は〈バッピ=バッティングピッチャー〉をやってたんですが。いやでいやでしょうがなかった」

“かっこいい選手”が150%野球を楽しめる環境に

「戦力外になったけど、野球以外のことは考えられなかったんですよ。球団に何か仕事をやらせてくださいとお願いし、選べる立場ではないですけど、1年目はバッティングピッチャーを任され、用具係は2年目からです。

入来さん流、きめ細かい心配り

「公式球と練習球を練習後に分別しているんですよ。ノック用は試合球。選手の気持ちも違ってくるし、臨場感が出るように。バッティング練習のときは、練習球でもバッティングピッチャーのために、程度の良いボールを選んで提供しています」

画像:はまれぽ.com

ピッチャーが、手に湿り気がほしいときもあるので、濡れタオルも用意。

「用具はじゃまにならないように注意していますが、選手が通る動線を意識して、必ず目に入るとこに置いているんですよ」

画像:はまれぽ.com

1