1. まとめトップ

くらやすを愛でたくなるエピソードまとめ「ヤスと一緒に考えてくる」

ブルーとグリーン!関ジャニ∞の安田章大くんと大倉忠義くんのコンビ。プライベートでも関わりの多い二人の仲良しエピソードを有名なものからコアなものまで集めてみました!

更新日: 2014年10月26日

462 お気に入り 639651 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jankystyleさん

出典ameblo.jp

2人が寄り集まるとなんだかOLのような雰囲気を醸し出すとファンに評判のくらやすコンビ。
同じオーディションで入所した同期でもありますね。

そんな彼らの微笑ましいエピソードや台詞を見ていきましょう。

大倉さんが関ジャニ∞に加入した経緯には安田さんが深くかかわっています。

安田さんと丸山さんが「大倉が、ダンスも上手いし、リズム感もいいんで、大倉にドラムを頑張ってもらいたいと思ってるんです」とジャニー喜多川社長に伝えたところ、ドラムに抜擢され1か月猛特訓。その後、合格をもらい後に関ジャニ∞のメンバーを増やす時に最後のメンバーとして選ばれて加入しました。
ドラムに関してはまったくの未経験で、渋谷さん・丸山さん・安田さんがずっと練習に付き合ってくれていたそう。

安田さん・丸山さんが社長に大倉さんのことを進言した際には、社長から「ライブに間に合わなかったら、YOUたち、知らないからね。YOUが全部、責任取るんだよ」と言われたそうです。

2013年8月17日「王様のブランチ」にて。

昨日も一昨日と大倉と遊んでいたという証言をする安田さん。
映画→やきとり→「また明日な」。

完全なるデート。

小栗旬くんの出演していた情熱大陸を見て感動した大倉さん。
大倉「すごいよ。映画何本もやって、バラエティも出て、ってしてるから、僕らまだまだやなって感じましたよ」
安田「まだまだ?」
大倉「まだまだ突っ走らなくちゃいけないなって」
安田「でもしんどい?」
大倉「ん?」
安田「ちょっとはしんどい?」
大倉「……見抜くな」
安田「ははははは!(笑)」

しんどさを分かってくれる人が近くにいるって素敵なことです!

出典ameblo.jp

横山さんに手紙を読んでもらう人を決めるためジャンケンをして、錦戸さんと安田さんが残る。
最終的に安田さんが勝ったものの、ツアー中に一度横山→安田の手紙はあったので、安田さんが「俺じゃないほうがいいんやない?」と言い出す。
すると横山さんが「俺、ヤスでいいよ」 と言い出したので…。

大倉「ヤスでいいってどういうこと?今日はあかん。今日は読ませません!今日は読ませません!(安田をかばいながら)」
横山 「大倉のヤスのかばいかた元カノやで」

安田さん相手の方が読みやすいみたいな言い方はヤスにも亮ちゃんにも失礼だ!と責められ再度ジャンケン。結局渋谷さんに読みました。

かばわれてすっぽりと収まる安田さんが想像できすぎる。

出典prcm.jp

ウィンクキラーゲームで負けた安田さんから、大倉さんへのお手紙。

読み終わった後に大倉が深くお辞儀。
そして倉安は握手を交わします。

ちなみに最後の「いっぱい遊ぼなっ!」の時の安田さんの表情が異様にイキイキとしておりそれを何回もやらされる。
それを見て「かわいいな」と思う大倉さん。

安田「そうですね、最近はずっと一緒にいますね。
同期ですし、オーディションも一緒で。
最初に会った時、踊っている位置が隣で、仲良くなってから「ヤス、あの時足踏んでたで」って言われたのを覚えています。
今、エイトとして、バンドしたりして、ずっと一緒で。

最近、特によく遊んでますね。
楽しくて、時間がすぐすぎて、また遊びすぎたつって。
今回の「って!!!!!!!」て曲も、もともとは大倉と話していたのがきっかけでできた曲ですね。
今回一緒にできてよかったと思ってます。
大倉との思い出はたうさんあるけど、大倉の歌詞は言葉に出していわないことが出ているなぁと覆いました。
だから気持ちが伝わりやすいなぁと思いました。
こんなこと考えてんねんなぁって。
曲を通じて会話ができることは、いいことやと思ってます。
わけへだてなく、一緒に見に血を楽しめてるなぁって思います。
今、凄く成長していってる大倉を見るのは楽しいですし、いい刺激にもなっています。
これからも楽しいこと、一緒にしよな。
いっぱい遊ぼなっ!」

安田さんは最近よく大倉さんと遊んでいて、夜になると必ず電話がかかって来るそう。その内容は、「今日は何してるの?」など、たわいもない内容で、ほぼ毎日ごはんも一緒と語る安田さん。

2010年2月10日「レコメン」にて。付き合ってるんですか?

出典ameblo.jp

2005年の「聞くジャニ∞」にて。

最近寂しいという大倉さんに対し「僕、隣に行ってあげましょうか?」と言って断られる安田さん。

あだ名をつけてほしいという安田さん。
大倉「じゃあ今日は章ちゃんで行きます」
安田「そんなんとっても嬉しい!」
大倉「嬉しいんや(笑)」
安田「全然嬉しい~」
大倉「ほんまですか~。じゃあ今日は章ちゃんで」

大倉「あ、そうや。この際だから言わせてもらうけど、ヤス、なんでオレのことたっちょんって呼んでくれへんの?」
安田「最近、人前だと恥ずかしくて……」
内「なんでや!ちゃんとたっちょんって呼べや!」
安田「1か月くらい前までは余裕やってんけど、最近なんか恥ずかしくて、人前やとつい“大倉”って呼んでしまうねん……」
大倉「今さら照れるな(笑)!」
安田「わかったわかった!ちゃんとたっちょんって呼びます!」

コンサートMCにて。

安田さんから「たっちょん」というあだ名をもらっているけれどどうか?と聞かれた大倉さん。
「大倉でいい」と身もふたもないことを言う大倉さんに「タダクラは?」という意味不明な提案をする安田さん。

ちなみに「たっちょん」というあだ名が広まりすぎて自分だけの呼び方でなくなったのが、安田さん的にはあまり好ましくなかったようで…。

大倉さんいわく「『これからは俺、タダヨシって呼ぶわぁ』って彼女みたいなこと言われた」そう。

無人島に一人だけメンバーを連れて行けるとしたら?/ヤス「体デカいから大倉。守ってくれそうです」/大倉「僕はヤッさん(安田)ですね。ほんまに優しいから、メンタル面で助けられそうな気がする」

映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』/大倉「だいたいのあらすじってどんな感じなんです」/ヤス「だいたいですか…。ぼく(宣伝)下手クソやから(結末まで)全部言ってしまう可能性があるんですけど」/大倉「絶対ダメです!(笑)映画の内容全部言うってアホすぎるでしょ」

出典ameblo.jp

「冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAP」にて。

ろくろを回す安田の手つきに大倉さんから教育的指導。

大倉「違うがな違うがな~(後ろからそっと安田の手を掴む)」
安田「あっ…(大倉の方を見ようとするが諦めてカメラに満面の笑み)」
大倉「(数秒、安田を見つめる)」←…ろくろは?
安田「(気を持ち直し)集中させろっ(笑)!集中させんかいなお前~(照)」

…と、映画「ゴースト」でのカップルのシーンを再現した倉安でした(本家は結構官能的)。

安田「きんぴらごぼう僕1番好きなんですよ~」
大倉「それ知らんかった」
安田「言ったことないなぁ、俺な」

「冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAP」にて。大好物の存在を知らなかったことにちょっとショックなの?

カラオケの十八番は? 倉「えーなんやろなあ…こないだ安田くんと行ったときは、KinKi Kidsさんの『愛のかたまり』安田くんに入れられて、一緒に歌おう!って。僕からはあんまり入れないす。カラオケ行くと、主導権にぎられるんですよね(笑)」

「A-studio」に大倉さんが出演した際。

安田さんからの質問は…
「よく僕の車にサングラスや鍵、雑誌などを忘れていくけどなんでそんなに忘れるの?なぁ、俺たち仲いいやん?俺は歯ブラシが一本しかなかったとしたら俺の使い回しでいけんねんけど大倉はどう?」
大倉「気持ち悪いわ(笑)!」

大倉「(忘れ物に関しては)僕、心の底から甘えてるんでしょうね。届けてくれますし、何忘れても。甘えてるんですかね?恥ずかしい…」

MCもどう処理していいものか困る質問をありがとう。

大倉「(ヤスは)メンバーが使った歯ブラシで歯磨けるって言うやん?」/ヤス「磨ける。…今日初めて言うけど、大倉が(僕の家に)泊まりに来てたときの歯ブラシは、いま自分の歯ブラシになってる」/大倉「嘘やろ!?」/ヤス「あの、青の歯ブラシ…」/大倉「やめてくれよお前っ!!」(2013)

もう使っちゃった☆

A-studioで手いっぱいのみなさんに、いまだからこそ、あえて。 pic.twitter.com/t1R6Ufm89J

大倉さんが「A-studio」出演の際に感動したと紹介した映画を安田さんも紹介済み。どちらが先だったのか…。はたまた一緒に見たのか…。

出典twtrp.jp

大倉「ドラマ『ROMES』の空き時間には、ヤスと渋谷をデートしてましたね(笑)気持ち悪い話ですけど。2人でラーメン食べて、ゲーセン行って、映画見て、ホルモン食べて、またドラマの現場に戻りました」

大倉「自分の映画は観に行く?」/ヤス「それ迷ってる。一人じゃ行けないんで、誰かについてきてもらいたい。僕の理想は、身長が180cmくらいの同じメンバーの人がいいんですけど」/大倉「俺やな」/安田「あ、そやね」/大倉「遠まわしやな。一緒に来て、でええがな」(2013)

一緒に来て、って言われたら行くわけですね。

出典prcm.jp

「8EST」10月28日静岡公演で。
ホテルから会場までが45分くらいかかるので7人で車移動していたそうで…。

横山「俺びっくりした。大倉とヤスずーっと喋ってんねん」
大倉・安田「えー?」
横山「ほんま、OLかと思ったわ。どんなこと喋ってんのかなぁって思ったら、ほんま内容ないねん。どうでもいい話をずーっとしてるねん。それで、聞こえてきた言葉が“イソフラボン”やで」
安田「そこだけ聞いたらほんまにOLやな!」
丸山「大豆の成分やん!」
安田「そうやって聞いてて、横ちょほんま仲間に入れて欲しいねんで~」
大倉「そうやで」
横山「…そう、こうやってな、ほんまにどうでもいい話をずーっとしてるねん」

大倉 to 安田:グループを支えてくれる職人的な存在!曲も作れるし、ハモりもできるし…。ひょっとしたら目には見えにくい部分かもしれないけど、そういう見えないところでも支えてくれてる人。

安田 to 大倉:デッカい体してるけど、すごく繊細。それを人に見せないし、孤独をひとりで抱え込むタイプだと思う。俺はそれが気になって声をかけてしまうけど…。そのぶん、大倉がマルのギャグにゲラゲラ笑ってるのを見るとホッとする(笑)。

メンバーの中でいちばん優しいのは?/大倉「ヤス。元気がないとき『どうした?なんかあったん?』って、真っ先に気付いて聞いてくれる。でもオレ、あまのじゃくやから『なんでもないよ』って言うてしまうけど」

上記の声をかけてしまう、っていうのがこれですね。人の感情の機微に敏感なんですね~ヤスは。

自重を知らないイチャつき。

大倉さんが金髪にした際、褒めてくれたのは安田さんだけでした。残念。

大倉「東京ではメンバー見に来てくれて。ヤスはね。(公演が)終わった後電話で、『ウソのない、いいコンサートでした!』って(笑)。もう、どうしてこう、そんな恥ずかしいことが言えるのかな、と(笑)。『たっちょんの不器用なところも、それはそれでたっちょんの味として出ていて、僕はすごく良かったと思う』ってね。そんなことを言ってくれてましたけど。」

大倉さんソロコンサートMCより。楽屋でも、正面のイスに座って顔を見て「良かったよ」と言ってくれたらしい安田さん。

リスナーにメッセージを送るコーナーで、逆に俺がメッセージ欲しいと言い出す大倉さん。
「俺らの仕事は元気を与える側や!」と村上さんに怒られて…。

大倉「考え方改めるわぁ…。(でも)今すぐには考え方変えられへん!無理!一回飲みに行かなあかん。友達と相談せなあかん。ラジオってそうなん?って」
村上「バカか、そいつは」
大倉「教えてもらわなあかん」
村上「その友達って誰や、安田、言う奴か?」
大倉「…なんでわかるん?」
村上「ほなもう、末期や」
大倉「ヤスにもちょっと意見聞きたい」
村上「『ええんちゃう?』っていうよ。あの子は」
大倉「はっはっはっはっは!」
村上「『おーくらが思てんねやったらええんちゃ~う』って言うよ」
大倉「そやったら俺、この子らにメッセージなんて言ったらいい?っていうのも、ちょっとヤスに聞くわ」
村上「ほなこれ、宿題やで?」
大倉「今度でいい?ヤスと一緒に考えてくる、じゃあ」

末期や。

これからもお2人の引くほどのイチャつきお待ちしております。

1 2