1. まとめトップ

犬の健康に配慮したごはん、それが「無添加ドッグフード」です。
犬のからだにやさしく、愛犬家に人気があります。

ペットを健康に長生きさせる秘訣の第1歩。肥満を避ける!肥満は血液を汚していずれは慢性疾患の元になってしまう。栄養バランスが良く、添加物を避けた食事で肥満は避けられる。人間も同じ^^; 小型犬でも毎日運動させること。

サプリ講座ワンちゃんの皮膚を健康に保には、コラーゲンやエラスチンが効果的。サプリで効率的に補給しましょう。

愛犬との共有できる時間は長いようで短い。だからこそ、手抜きが出来ない。http://bit.ly/aaA9c7 #inu #wanko #hinoshi

<特徴>

・合成添加物、保存料、人工着色料、香料などの化合物を一切排除している。
・「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」の2種類がある。
・すべての年齢の犬に対応しており、幼犬からシニア犬まで、成長段階に応じた種類がある。

<メリット>

・「たんぱく質」「炭水化物」「脂質」「ビタミン類」や「ミネラル類」がバランス良く配合されている。
・消化と吸収が良いので、アレルギーや病弱な犬でも、消化器官に負担をかけにくい。
・安全性が確かな「肉類」「野菜」「穀物類」などの豊富な食材が使われている。
・無駄な糖分や塩分が極力控えられているので、犬のからだに負担を与えない。

<人気の高いオーガニック製品>

オーガニック認証団体に認定された、栄養豊富で厳選された食材から作られている「オーガニックドッグフード」が、愛犬家には特に人気があります。

人工着色料、香料、保存料などの合成添加物を一切使用していないので、安全性が高いのが最大の魅力です。
大切なペットだから安全なオーガニックのドックフードを食べさせてあげたいものです。

<犬のからだに有害な食品添加物>

一般的なドッグフードには、長期保存させたり、味や香りを良くしたりするために、何種類もの食品添加物が含まれています。

食品添加物を長期間摂取すると、病気やアレルギーのリスクが高くなります。
ですから、ごはんを与える飼い主さんが注意してあげないといけません。

食品添加物は愛犬のからだにとっては有害なものです。
だから、安全性の高い「無添加ドッグフード」がおすすめです。

<ドライフードの選び方>

犬の食事の原材料は、シンプルな素材にすることが、一番からだにとっては良いものです。
質の良いドライフード中心の食生活で、健康をサポートしてあげましょう。

犬に必要な塩分量は、人間の300分の1程度であると言われています。
だから、厳選した食材を使っていて塩分が少ないドライフードを選んであげると良いでしょう。

<ウェットフードは、どんな犬におすすめ?>

幼少期やシニア期の犬は、ドライフードに適さない場合もあります。
ウェットフードは消化の良い厳選した食材を使っているので、幼少期やシニア期に必要な栄養素を無理なく摂取することができます。

成長段階に応じて、ウェットフードに切り替えてあげましょう。

<どんな健康効果があるの?>

・良質なたんぱく質が豊富に含まれているので、皮膚の状態と毛並みが良くなる。
・乳製品、卵、トウモロコシ、大豆などのアレルギーが起こる可能性がある食材は一切含んでいませんから、特定の食材にアレルギーがある犬にも安心です。

<普通のドッグフードじゃダメなの?>

市販の安いドッグフードは、原材料の質よりも、エネルギー量に重点を置いている傾向にあります。
栄養バランスよりも、エネルギー量を重視しているので、犬の体質によっては、栄養バランスや消化が悪くなってしまいます。

ですから、犬に必要な質の良い栄養素と、消化の良い原材料で作られている無添加ドッグフードの方がおすすめです。

<グルメな犬でも大丈夫?>

普通のドッグフードは、砂糖、塩分、香料などの食品添加物の力で嗜好性を高くしているので、犬が好むようなおいしいものが多いものです。

一方、無添加ドッグフードは、シンプルな素材からできていますから、最初のうちは物足りなく感じるかもしれません。
でも、素材のおいしさが活かされていますから、慣れてくればグルメなワンちゃんも喜んで食べてくれます。

普通のドッグフードから無添加ドッグフードに切り替える際には、慣れるまで、徐々に量を増やしていくようにすると良いでしょう。

<正しい食習慣>

気に入ったドッグフードを、飽きないようにローテーションで与えてあげるのがおすすめです。
ドライタイプとウェットタイプのドッグフードを混ぜて与えるとか、主食とおやつを混ぜて与えるなど、犬が喜ぶような工夫をしてあげると良いでしょう。

<成分表示を見るコツ>

○肉類の成分表示を確認する
→原材料に肉類の表示があれば、たんぱく源を確保できるドッグフードであることが確認できます。

○穀類の表示
→犬は穀物の消化が得意ではありませんので、できるだけ穀物類の表示が少ないドッグフードを選んであげましょう。

○副産物の表示があるものは避ける
→肉類は内臓などの副産物が使われていないことを確認する必要があります。
内臓系の成分表示がないものを選ぶようにしましょう。

○無添加やオーガニックを選ぶ
→検査機関の基準をクリアしているドッグフードです。から、より一層安全性が確かであると言えます。

<なぜ、無添加が良いのか?>

犬種、年齢、健康状態によって、必要な栄養素は異なるものです。
健康な体をつくってあげるために、十分な量の栄養素がバランス良く含まれていて、どんな犬種でも、どの成長段階でも、効率良く栄養が摂れる無添加ドッグフードを食べさせてあげましょう。

人間のように自分で健康管理をすることができない犬のごはんだからこそ、食べるだけで栄養状態を整えることができる無添加がおススメなんですね!

1





レルヒさんさん

このまとめに参加する