幼少期やシニア期の犬は、ドライフードに適さない場合もあります。
ウェットフードは消化の良い厳選した食材を使っているので、幼少期やシニア期に必要な栄養素を無理なく摂取することができます。

成長段階に応じて、ウェットフードに切り替えてあげましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る