○肉類の成分表示を確認する
→原材料に肉類の表示があれば、たんぱく源を確保できるドッグフードであることが確認できます。

○穀類の表示
→犬は穀物の消化が得意ではありませんので、できるだけ穀物類の表示が少ないドッグフードを選んであげましょう。

○副産物の表示があるものは避ける
→肉類は内臓などの副産物が使われていないことを確認する必要があります。
内臓系の成分表示がないものを選ぶようにしましょう。

○無添加やオーガニックを選ぶ
→検査機関の基準をクリアしているドッグフードです。から、より一層安全性が確かであると言えます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る