1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

バブル崩壊!?仮想通貨『ビットコイン』の価格が暴落したわけ

世界中から投資が集まって価格が上昇を続けていた仮想通貨『ビットコイン』ですが、ここにきて価格が急落しています。中国政府がビットコインの利用を規制したことが今回の暴落のきっかけとなりましたが、そもそも『ビットコイン』の価格上昇はバブルだという指摘もあります。

更新日: 2013年12月29日

8 お気に入り 18047 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆仮想通貨『ビットコイン』の価値が暴落!

仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin:BTC)」は2013年に高い人気を獲得し、その価格は上昇を続けてきた。

ビットコインの価格は今月に入ってからは、1 BTC あたり1,000ドルを超える日がほとんどだった。

中国の仮想デジタル通貨「ビットコイン」取引所、BTCチャイナは18日、人民元建ての入金を一時停止したと発表した。

その後の数時間で、Bitcoinの価値はおよそ50%急落した。

現在、Mt. Gox などの大手のビットコイン取引所の多くでは、1 BTC は500ドル前後で取引されている。

◆『ビットコイン』とは

インターネット上で流通している電子マネー。

紙幣・硬貨は発行されていないため、「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれる。

入手するには、ネット上に口座を開設して専用の取引所を通して円などの「現実」の通貨と両替、預金する。

決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが発生しない。

そのため、小口の売買やP2P(個人同士)の取り引き、とりわけ国境を越えた送金・決済に利用されている。

◆大幅に上昇していた『ビットコイン』

ことし始め、1ビットコインはおよそ1000円で取引されていましたが、利用者の拡大とともに徐々に値を上げていきます。

さらに、11月に入ると中国をはじめ、世界中から投資が集まり、価格が急騰。

出典labaq.com

『ビットコイン』の価格

◆暴落のきっかけは中国政府の規制

ビットコイン価格の暴落は中国政府がビットコインの利用を規制したことに起因している。

中国最大のビットコイン取引所である BTC China は12月17日夜、「政府の新たな規制により、我々は一時的に中国元の入金を停止する」と発表した。

これに先立ち、中国政府は12月5日、中国の金融機関に対してビットコイン関連サービスの提供を停止するよう警告していた。

ビットコインがマネーロンダリングに利用されている可能性があるというのが、その理由だった。

◆古典的なバブル!?

現在のブームは作られた希少性、熱狂的な投資家層、トラック何台分もの楽観主義の産物だ。

ビットコインは確実な資産価値のある何ものによっても担保されておらず、それ自身の利用価値が変化していないにもかかわらず、投機的動機による買い手によって突如何倍にも値上がりしている。

1 2