1. まとめトップ

【理系大学】研究室ってどうやって選ぶ?

理系の大学だと4年生時に研究室に配属になることが多いと思います。3年生までの勉強とは全く異なる世界で、研究を進めることになります。研究室選びの基準についてまとめてみました。

更新日: 2014年05月02日

chemnoteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 163924 view
お気に入り追加

研究室選びは悩む

普通に考えると三年間の生活がかかってるわけだから、研究室選びは真剣に考えたほうがいい #戒め

研究室選びの基準は何であるべきですかねぇ。。。(暗黒微笑

基準色々

ある分野で研究したい,卓越した業績を出したい,しっかりした指導を受けたい,留学したい,企業に就職したい,明るく楽しい生活を送りたい

色んな考えがあると思いますが、みんなが選んでいる代表的な例についてまとめてみました。
1,研究プロジェクト 2,教員の人柄、業績 3,所属している学生 4,直接教員や所属学生に聞くだけでなく色んな所の情報から 5,コアタイムの有り無し

1,研究プロジェクト

多くの研究室は複数のテーマを抱えていることが多いので、Webページで調べたり実際に研究室訪問をして、自分が興味を持つ分野を見つけてほしいと思います。

やりたいこと決まってたら研究室選びに苦労はしないんだよね

研究室配属で研究したい分野が全くない。自分で決めるしかないし、自分で選んだ学科だけど、大学院に行かずに就職するのだから楽な所にしか選びそうにない。

自分が楽しいと思えるテーマで研究室を選ぶ

自分の興味ある分野で卒業研究を行えば、楽しい研究室生活になるでしょう

就職が良さそうと思えるテーマで研究室を選ぶ

研究のテーマによって、将来の就職先とその部署が決定する

異なる場合も多いようだが…

2,教員の人柄、業績

経験上、学部時代の研究室は「教授の人柄で選べ」一択だ。三つ子の魂百までというけど、実はこの最初の研究室がその後の研究人生を決めるといっても過言ではないくらい影響力がある。だからこそ、最初の研究室は研究テーマではなく教授の人柄で選ぶべきだ。

研究室選びで一番重要なのは研究内容でも研究室の持ってる金でもなくて、教授との相性なんだなこれが

研究室選びはある意味就活より重要。自分と教授が馬が合うかどうか>>>>>自分のしたい研究テーマ

教員が教育熱心かどうか

研究室の他の学生に会って、いつも教授への質問はどのようにしているのか(例:「週に一回のオフィス・アワーを待ってする」とか「いつもE-mailでしている」など)、その返事は迅速に返ってくるのかを聞けば、案外簡単に察することができます。

内定どうこうより研究室選びの重要性について説きたい 教授が何の音沙汰もなく一週間いなくなる研究室は、選んではいけません

研究室の雰囲気も教員によって変わる

研究テーマは選ぶことができないし、 就職も究極的には自分が頑張ればどうにでもなります。 しかしながら、先生や周りに人はどうすることもできません。研究室を選ぶ前に、興味がある研究室は実際に訪ねてみて、 その研究室の雰囲気を肌で感じてみることが大事だと思います。

@nuiico 先生との人間関係でしたか……。問題起こる研究室は毎年起きるみたいですし、大変そうです。先生選びも半分運ですよね……。

研究室の装置や金銭事情

1 2 3





科学(特に化学その中でも有機化学)、学校(特に大学)、就職、ライフハックなどをまとめています。
https://twitter.com/chemnote1

このまとめに参加する