キュビスム(仏: Cubisme; 英: Cubism「キュビズム、キュービズム」)は、20世紀初頭にパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収め、ルネサンス以来の一点透視図法を否定した。

出典キュビスム - Wikipedia

ちょっとワケが分からないですね。
では次の画像を見てみましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

3分で理解する『ピカソ』という絵描き

ピカソ。この名前を聞いた事の無い人は居ないでしょうし、いずれかの作品をパっと思い浮かべられるでしょう。しかしその知名度も「何かよく知らんけど凄いらしい」「俺でも描けるわww」「何が凄いんだかww」といった意見とセット。何も知らずに批判だけしようとせず、その凄さの一端を見てみましょう。

このまとめを見る