1. まとめトップ

未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである。

これは、パーソナルコンピュータの父といわれ、教育者でもあるアラン・ケイ(Alan Key)氏のことばです。「流行」は、自然発生的にできるわけではなく、必ず、誰かの意図によって作られるものなのです。

更新日: 2013年11月17日

5 お気に入り 7873 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sting222さん

未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである。

The best way to predict the future is to invent it.

未来を予測する最良の方法は、未来を発明すること。
未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ。

これは、パーソナルコンピュータの父といわれ、教育者でもあるアラン・ケイ(Alan Key)氏のことばです。

「前例や常識、過去の成功モデルが機能しなくなった今、すべての子供たちの指針となるものだ・・・」と。

アラン・ケイは、アメリカのコンピュータ科学者で、教育者でもありながらジャズ演奏家でもあるそうです。通称「パソコンの父」と言われ、まだ大型のコンピュータしか存在しなかった時代に、個人で使う「パーソナルコンピュータ」という概念を提唱しました。

彼は続けて「未来は、あらかじめ引かれた線路の延長上にあるのではない。それは、われわれ自身が決定できるようなものであり、 宇宙の法則に逸脱しない範囲で、われわれが望むような方向に作り上げることもできるのである」と説きました。

「未来を発明しようとすること」が未来予測への最前の道

「未来を発明しようとすること」が未来予測への最前の道、であることは嘘ではないかもしれない。

「自分の未来は、自分で創りだす!」

「未来を創っている」という意識を持つことで、自分をとりまく世界観が変わるという喜びを知るのは、人生を充実させます。

普通の考え方をしている限り、普通のことしか思いつかない

ケイのもうひとつの有名な言葉に、Point of view is worth 80 IQ points.(ものの見方はIQ80ポイント分に匹敵する)というのがある。

「単に賢いだけでは、なにもなし遂げられない」、ということだ。知能が高くても、「普通の考え方」をしている限り、普通のことしか思いつかないからだめなんだ、と。そして大人になるということは、ケイに言わせれば、普通に考える癖をつけてしまうことだ。そのプロセスは、学校に入るところから既に始まっている。

パーソナル・コンピューターが開発される前に、 「パーソナル・コンピューター」という言葉が生まれていました。ポケットに入るラジオが完成する前に、 「ポケットに入るラジオ」という言葉が発明されていました。 実体のない未来を示す言葉は、ときに馬鹿にされ、ときに物議を醸し、それでも人を熱狂させ、仲間を駆り立てました。

http://blog.goo.ne.jp/mirukikukaku/e/729fdd51bddc7be476b38709b50a9c17

Twitter

アイバン・サザーランドとアラン・ケイの話を研修資料に盛り込んだけどこれ、必要だったかしら(すっとぼけ

ひと言読書ワンドクアラン・ケイアラン・ケイbit.ly/12KuZ5v中世の学習というのは、通常自分ひとりでするものではなく、社会的なコンテクストで行うものでした。

未来を予測する確実な方法は、自ら未来を創造してしまうことだ・・・アラン・ケイ

未来を自分で作ること、これが未来を予測する もっとも簡単な方法なんだ。アラン・ケイ 米国の科学者。パーソナルコンピューターの父と呼ばれる。

未来を予測する最良の方法は、未来を創りだすことだ。 ─ アラン・ケイ(計算機科学者、教育者、ジャズ演奏家。通称「パソコンの父」。) goo.gl/TGqoH #名言 #meigen

1