1. まとめトップ

ブレイクや人気など注目を浴びるも…低視聴率や低評価、オワコンなわけは?

ブレイクしたり、人気があったり、何本ものレギュラー番組を持っているのに、なぜか評価が上がらない芸能人、番組は多いようです。

更新日: 2017年08月25日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 549802 view
お気に入り追加

■低迷するフジ『フルタチさん』 “厄介者”扱いで放送休止連発の裏事情

視聴率が低迷するフジテレビ系のバラエティ番組『フルタチさん』(日曜午後7時~)が、改編期の10月から、金曜午後7時に枠移動し、1時間番組に縮小されることが内定したという。

同番組は、古舘伊知郎が昨年3月末の『報道ステーション』(テレビ朝日系)降板後、初のレギュラー番組として注目を集めた。しかし、同11月6日の初回は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタに届かず。第2回は8.1%だったが、第3回で5.8%と急降下。第4回で8.0%と盛り返したものの、第5回以降はおおむね5~7%台の低視聴率が続いており、ゴールデン帯では禁断の5%割れすることもしばしば。

 あまりの不振ぶりに、フジは今年3月いっぱいでの打ち切りを打診したものの、古舘サイドは「1年はやるという約束だった」と猛反発して継続されるに至った。だが、4月以降も視聴率は一向に上向かず、枠移動、縮小の憂き目に遭うようだ。

「古舘サイドは、『視聴率アップのため』と称して、さまざまな企画をフジ側に提案したようですが、制作費が増えるため却下してきたと聞きました。フジとしては打ち切りたかったのですが、古舘側が受け入れず、落としどころが枠移動及び縮小になったようです。2時間枠が1時間枠になるのですから、当然古館のギャラはダウンすることになります」(テレビ関係者)

本音は打ち切りたかったフジは、もはや同番組を“厄介者”扱いしているのだ。その証拠に、放送休止が激増している点が挙げられる。7月以降、同2日、16日、30日、8月6日は特番で休止。同27日も、『爆笑!世界のいたずらドッキリ映像35連発』をオンエアするため、『フルタチさん』は放送されない。つまり、ほぼ2週に1回は休みとなっている現状だ。

「ほかの番組を放送したからといっても、数字が取れているわけではありません。ただ、5~6%程度の視聴率を垂れ流すだけの『フルタチさん』をやるより、まだ可能性があるということです。低予算の番組を作れば、『フルタチさん』より安く上がるし、古舘の高額なギャラを払う必要もありません。9月いっぱいは、この状況が続くと思われます」(同)

 同番組が低迷しているのは、裏の日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』が20%前後の高視聴率を取っている影響とみる向きもあるが、果たして本当にそうなのか? ネット上の声を拾うと「番組自体に魅力がないから」との意見も多々ある。移動する金曜午後7時台にしても、常時2ケタを取っているTBS系『爆報!THE フライデー』や、日本テレビ系『沸騰ワード10』といった人気番組が存在する。現在、フジが同時間帯で放送している『その原因、Xにあり!』は、低視聴率のため打ち切りになる見込みだが、『フルタチさん』が枠移動しても、低迷が続くようなら、それこそ“赤っ恥”をかくことになりかねない。

■国民的スター・福山雅治のインスタフォロワーが「あれ、少ない!」……大コケ続きで“過去の人”か

俳優でシンガーソングライターの福山雅治のインスタグラムのフォロワー数が「少なすぎる」と話題だ。

19日、「福山、インスタ始めました。聖域MV解禁まで震えて待て」との本人の手書きメッセージの投稿と共に、インスタグラムをスタート。その後、カメラ目線の自身の顔写真や、福山が国内外で撮影したと思しき写真や動画を頻繁に投稿。22日には、「#俺目線」とのハッシュタグと共に、ギター演奏中の福山の目線を撮影した動画などを投稿している。

 なお、23日午前現在のフォロワー数は、14万6,000人程度。急速に増えている様子も見られない。

 ちなみに、フォロワー数国内1位の芸人・渡辺直美で、713万人ほど。10代に人気のトレンディエンジェル・斎藤司は、97万人ほどのフォロワー数を誇っている。とはいえ、これは長くインスタグラムをやっている2人。しかし、先月27日に開設したE-girls・鷲尾伶菜でさえすでに23万人を突破しており、国民的スターの福山としてはかなり寂しい状況に見える。

「福山ほどの大物にしては、フォロワー数増加のペースが遅すぎる。もちろん、福山のメインターゲットである中年女性のインスタ普及率が低い可能性もあるでしょう。しかし、福山は昨年4月期の月9『ラヴソング』(フジテレビ系)で主演を務めたほか、『NHK紅白歌合戦』では毎年、コンサート会場からの中継という特別扱いで出演。若い層も活躍は目にしているはず」(芸能記者)

 福山といえば、2007年と13年に放送された主演ドラマ『ガリレオ』(同)が大ヒット。10年に主演したNHK大河ドラマ『龍馬伝』も最高平均視聴率24.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をたたき出し、幅広い層から支持された。

そんな状況から“高視聴率男”と言われた福山だが、15年に女優・吹石一恵と結婚すると、一転。『ラヴソング』は大コケし、昨年10月公開の主演映画『SCOOP!』は、大々的なPRもむなしく興行収入7億円程度と不発に終わった。

「これまでブログやSNSに手を出さなかった福山が、このタイミングで突然インスタを始めたのは、ファン離れへの焦りとも。しかし、フォロワー数の少なさから時代遅れ感が漂うくらいなら、やらないほうがよかったかもしれません」(同)

 来月9日から、是枝裕和監督とタッグを組んだ主演映画『三度目の殺人』が公開となる福山。これを機に、フォロワーを増やすことはできるだろうか?

■西内まりやに異変続出?開店休業状態が続いて”芸能界引退説”に現実味

モデルで女優、歌手の西内まりや(23)が8月現在、SNSを半年近く更新せず、開店休業状態に陥っている。月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)で大コケして以降、表舞台に姿を見せなくなった西内の身に、一体何が起きているのか。

 異変が起きたのは早春。頻繁に更新していたツイッターは3月25日を最後に音沙汰なし。公式サイトのニュースも3月15日から止まったまま。活動休止の発表もなく、半年近く開店休業状態が続いている。

インスタグラムの最後の投稿(5月6日)では「なぜこうも重なるんだと、様々な予測出来ない出来事に戸惑い、落ち込み、投げやりになり押し寄せる壁を押し返し耐えて負けて耐えて力つきてついに心がシュンってなくなってしまうんじゃないかと。諦める事は簡単に出来るけどそれでも保とうとそれでも前に進みたいと思えば思うほど小さな事で傷つきやすくて。その傷を修復するのには時間がかかる」(原文ママ)と意味深なメッセージを投稿。その後、更新が途絶えている。

 現在23歳の西内は、モデル・女優・歌手の三足のわらじを履いて活動していた。所属するライジングプロダクションは炎上中のSPEED組、今井絵理子(33)や上原多香子(34)もいる業界大手。仕事がないと考えるのは無理がある。

とはいえ、前兆がなかったわけではない。1月に出演した『突然ですが、明日結婚します』が、フジの月9史上まれに見る低視聴率を記録。共演のflumpoolの山村隆太(32)と共に戦犯扱いされている。また5月の福岡ソフトバンクホークスの始球式は、ウィルス性胃腸炎と診断されてキャンセルされた。以後、SNSの更新が途絶えたことを心配し、業界内外で体調悪化説や留学説などが飛び交っている。

「主演を飾ったドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)や映画『CUTIE HONEY -TEARS-』の低迷に重ね、『突然ですが、明日結婚します』の終盤には嵐・相葉雅紀(34)主演の次作『貴族探偵』ばかりに総力が注ぎ込まれ、西内はまるで捨てゴマ扱いに。フジテレビから頭を下げられ、3ヶ月の海外留学を急遽キャンセルしての出演だったにもかかわらず、相当な屈辱を味わったに違いない。現在はオファーが少ないのか、事務所が故意にセーブしているのか定かでないが、皮肉にも念願の海外留学にもってこいのタイミングとなっている」(報道関係者)

『ニコラ』(新潮社)や『Seventeen』(集英社)などでモデルとして絶大な人気を誇った西内は、歌手・女優として本格的に活動するも、踏んだり蹴ったりの日々が始まった。

前述の女優業はもちろん、歌手としても鳴かず飛ばず。今までに7枚のシングルを出すも、3rdシングル『ありがとうForever…』が記録したオリコンチャート10位が最高で他は全て10位圏外。レコード大賞では3年連続で最優秀新人賞や優秀作品賞などを受賞し、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE同様、一部ファンの間で「買収ではないか」「ゴリ押しか」と疑われた時期もあった。

 また、一部女性ファンに嫌われている理由の一つが、西内のモテっぷり。過去にはHey! Say! JUMPの山田涼介(24)との熱愛がウワサされてジャニーズファンの強烈なバッシングを受け、かつて人気だった山本裕典(29)、『SMOKINGGUN~決定的証拠~』(フジテレビ系)で共演した香取慎吾(40)との関係がファンの間で一時ウワサになった。また『GTO』(フジテレビ系)で共演した城田優(31)とは熱愛をスクープされた後に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で生共演して話題を呼んでいる。

何かと物議を醸す西内は今、表舞台からは姿を消すも、『女性セブン』(小学館)ではハーフの長身モデル・呂敏(27)と熱愛中であることをキャッチされた。「年内に結婚するのではないか」ともっぱらだ。

「本人のモチベーションの低下も囁かれ、結婚による引退観測も出ている。活動復帰するとすれば9月、あるいはテレビ局が忙しくなる10月の改編期前後を逃すと当分露出は見込めない。西内の下の世代から新人の女優やミュージシャンが多数出てきているだけに、そろそろ動き出して結果を残さないと”芸能界引退説”は現実味を帯びるでしょう」(報道関係者)

 雲隠れ中の西内。“突然ですが、結婚します”を地で行くのか、はたまた仕事復帰するのか。秋以降の動向に注目だ。

■ダルビッシュ有が許せなかったテレ朝人気特番「ダサすぎる事実誤認」!

8月5日放送のバラエティ番組「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」(テレビ朝日系)が紹介した内容を、米大リーグ・ドジャースのダルビッシュ有投手が完全否定し、テレ朝サイドがダルビッシュ投手本人や関係者に謝罪するほどの騒動に発展している。

コトの発端は試合中の選手の会話を読唇術でキリとり、新たな事実を発見する企画でのこと。この日は「開幕直前!夏の甲子園キリトルスペシャル」と題して、高校野球の名シーンを紹介。その中で04年夏の甲子園に出場した東北高校時代のダルビッシュ投手が、何かを話している場面を取り上げ、読唇術を使い、その話している言葉を推測し紹介したが、それをダルビッシュ投手はツイッターにて「絶対言ってないです(笑)」と否定。さらに、「常に『あくまで読唇術で本当に本人が言っているかはわかりません』みたいなのをテロップで出しておかないと信じてしまう人多いと思います。言ってないような事を言ったように放送してたら新聞とかでよくある偽造記事となんら変わらないと思うんですよね」と持論を展開している。

 このダルビッシュ投手の主張に世間の人々も同意しているようで、「これはダルビッシュが正しい」「もうこの番組信頼できないわ」「もうウソ発言をでっち上げる番組としか思えない」といった声が多数ネットに上がっている。

「ダルビッシュ投手いわく、以前にも読唇術で自身が話していた内容を予測されたことはあったが、それも違っていたとのこと。また、今回の番組で紹介されたのは、ダルビッシュ投手が甲子園出場最後となった試合の最終打席という土壇場の場面で話していたとされていたものですが、『最後かな ドキドキするわ』『クソー 終わらせねえぞ コレ』というダルビッシュ投手のキャラとは少々かけ離れたもので、ネット上でも『ダサい発言』とネタにされていました。番組では『読唇術は口の動き等から言葉を“推測する”ものです』と補足を入れていたものの、いくらそんな保険をかけても、こんなクサいセリフを言ったことにされたままというのはダルビッシュも許せなかったんでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 テレ朝は謝罪は済ませたものの、今回の騒動に関しては世間の人々の大半がダルビッシュ投手の主張を支持。読唇術の信頼度も高が知れたこともあって、信頼度の回復も困難だろう。今まで不定期に計15回放送されている人気の単発バラエティ番組だが、もはや番組を終了させることが賢明な判断か?

■柴咲コウNHK「直虎」10・6%で自己ワースト

女優柴咲コウ(35)が主演し、6日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第31話の平均視聴率が、関東地区で10・6%だったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は11・3%だった。これまでの最低だった4月30日放送第17話の11・0%を下回り、自己最低を更新した。

同作は男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とした物語。

■低迷打破へ フジ改革の肝は「とくダネ!」小倉智昭のクビ

ジテレビの夜のニュース番組「ユアタイム」が今秋で終了するという。キャスターにハーフタレントの市川紗椰(30)を起用し、昨年4月に鳴り物入りでスタートした同番組だったが、わずか1年半で終わってしまうことになる。

 番組開始前には、市川とキャスターを務めるはずだったショーンKの経歴詐称疑惑が勃発し、急きょ降板するなど、もともと“いわくつき”で始まったが、視聴率は2~3%台をウロウロしたままだった。

「スタッフを総入れ替えしたりもしたが、最後まで視聴率は伸びず。市川は相変わらず噛みまくっていて、見ていられない状態が続いていた。報道局の上層部と市川が親しいから、なかなか打ち切りにならないなんてウワサも飛び交ったこともありましたけど」(番組制作スタッフ)

 視聴率が4位に低迷するフジテレビでは今後も大規模なテコ入れを実施していく予定で、その“粛清”第1弾となったのが「ユアタイム」となった形だ。もちろん、ほかにも打ち切り候補となっている番組がある。

「新社長となった宮内正喜さんは硬派な報道番組を増やしていきたい方針のよう。現在は放送中の報道系番組を精査している最中。その中でも、来年3月期の改編で消えるといわれているのが『とくダネ!』なんです。放送開始から18年以上が経過してマンネリ化が激しい上、先日はキャスターの小倉智昭さんに“不倫疑惑”報道まで出た」(フジテレビ幹部)

さらに、今月27日放送の同番組では、一般男性を容疑者として報じるというあり得ないミスが起きている。これには宮内社長も定例会見で「テレビジャーナリストとしての基本ができていない」と激怒していた。番組打ち切りに“追い打ち”をかけたのは間違いないだろう。

「今後の改編で、もうひとつの焦点は『とんねるずのみなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』などの長寿バラエティーをバッサリ切ることができるかどうか。日枝久前会長の息のかかった番組だけに、これを切るか切れないかで、宮内さんの本気度と立ち位置がハッキリする」(前出のフジテレビ幹部)

 宮内社長はフジ復活の救世主となるのか、それとも日枝“代表”のポチのままなのか。「ユアタイム」の打ち切りは序の口。小倉の首を切ったら改革はいよいよ本丸突入である。

■ローラ、レギュラ番組が0本に! 所属事務所との確執背景にイタリア人男性の存在

「今年に入りレギュラー番組は0本になってしまいました。やはり事務所独立へのカウントダウンとみる人は多いようですよ」(芸能レポーター)

 バラエティ番組などで引っ張りだこだったローラに、突然、事務所独立騒動が持ち上がっている。きっかけは、彼女が6月16日と17日に自分のツイッターに投稿した内容だ。そこには、

《ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど》

《いま誰のことも信じられないくらい怖いんだ》

《黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください》

 かなり精神的につらい状況にあることがうかがえる。

1 2 3 4 5 ... 116 117





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど