1. まとめトップ

ブレイクや人気など注目を浴びるも…低視聴率や低評価、オワコンなわけは?

ブレイクしたり、人気があったり、何本ものレギュラー番組を持っているのに、なぜか評価が上がらない芸能人、番組は多いようです。

更新日: 2018年01月15日

16 お気に入り 553720 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■福山雅治、“空席祭り”のコンサートからマスコミ締め出し!? “人気凋落”隠しに決死の策

2014年から、年に一度の恒例行事となっている、福山雅治よる男性限定のコンサート。昨年も12月23日、神奈川・パシフィコ横浜で開催されたが、近年ささやかれている“人気凋落”の影響からか、制作サイドによる“マスコミ締め出し”の動きがあったという。

かつては男女ともに絶大な人気を誇り、“抱かれたい男性タレント”の代名詞だった福山。しかし、加齢とともに新規ファンがつきづらい状況が続き、さらには15年に吹石一恵と結婚したことで、ファン離れが加速していた。

「1月5日放送の『「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」×福山雅治「ウタフクヤマ」合体新年会SP』(フジテレビ系)では、自ら『僕がイケメンだったのは90年代ですが、その時代はイケメンという言葉はなかったんです。(当時は)抱かれたい男です』などと語り、ネット上では『武勇伝ですか?』『自分で言っちゃうところが痛い』などと嘲笑を買っていました」(芸能ライター)

しかし、ファン離れをただ黙って見ているわけにはいかないと、事務所は考えたのだろう。ここ数年は、新規かつ同性のファンを囲うべく、あえて男性限定のコンサートに力を入れているのだとか。

「ただ、大問題なのはチケットがさばききれていないんです。一昨年まで、コンサート当日の模様は、テレビや新聞で大々的に報じられていたのですがが、会場はどうしても空席が目立っていました。しかし、福山サイドは空席については総スルーで、あくまで『満員御礼』『大盛況』という体でいる。マスコミは、この実情を報じることは一切できません」(情報番組ディレクター)

 とはいえ、空席が目立つのは事実。取材に訪れたマスコミ関係者から、この情報が別のメディアへ伝わってしまうこともあるようだ。

「そしてWebニュースや週刊誌で、毎回『空席祭り!』などと書き立てられるように。福山サイドは、その対策として、昨年ついにマスコミ取材を会場に入れなかったようなんです。制作サイドは、なんとか招待チケットを配って、少しでも空席を埋めようとしたそうですが、『悪意を持ってネタを流さなそうな人間』を精査していたとか」(同)

 こうして、ネガティブな空気が流れないよう配慮しつつ、例年開催されているという男性限定コンサート。「いっそのこと、大手メディアが『空席祭り!』と大々的に報じた方が、物珍しさでチケットを買う人が増えるのでは」(同)という声もあるが、この意見は福山本人に届くのだろうか。

■フジ「民衆の敵」最終回視聴率 月9史上初の4%台でワースト更新

女優の篠原涼子(44)が主演を務めたフジテレビ“月9”「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(月曜後9・00)の最終回(第10話)が25日、15分拡大で放送され、平均視聴率は4・6%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)だったことが26日、分かった。

4・6%は、今年1月期「突然ですが、明日結婚します」の第6話=5・0%を下回り、月9ワースト記録を更新。4%台を記録したのは、30年の歴史を誇る枠“月9”史上初めてとなった。また、全10話の期間平均視聴率は6・7%で、「突然ですが…」の月9史上最低記録に並んだ。

 選挙のシーンがあるため衆院選の公示期間であることに配慮し当初より放送開始を1週遅らせ、さらに、午後7時から同局で放送された「プロ野球CSファイナルステージ」の中継が延長されたため30分遅れでの放送開始となるなど、選挙、野球と余波が相次ぐ“不運”もあった中でのスタート。初回9・0%は、月9初回としては「突然ですが…」(8・5%)以来3期ぶりの1桁発進。その後、第2話=7・1%、第3話=7・5%、第4話=7・6%と推移すると、第5話=6・9%、第6話=6・5%、第7話=5・8%、第8話=5・3%と4週連続で自己ワーストを更新。それでも最終回目前の第9話は7・0%とし、盛り返していた。

■お笑い芸人、グラビア、イケメン俳優……テレビ業界人が暴露「1年もたずに消えた芸能人」

今年もあとわずか。「席替え」の激しい芸能界ゆえ、せっかく人気者になれたのにわずか数カ月でテレビから姿が消えるタレントも。そこで、テレビ業界人に「活躍が1年もたなかった芸能人」を緊急アンケート。1月にはテレビで活躍してたのに、今ではとんと見かけない……そんな顔ぶれを挙げてもらったところ、そこには『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でブレークした俳優の名があった。

「津崎平匡(星野源)の同僚の、風見涼太を演じていた俳優・大谷亮平です。“濃い顔に口ヒゲのイケメン”と言えばおわかりでしょうか。劇中では、森山みくり(新垣結衣)を『週1でシェアさせてほしい』と津崎に提案、2人の関係を脅かす存在として好演していました。のちにその風貌から『第二の竹野内豊』、またブレーク前に韓国を拠点に役者を続けていたことから、同じアジア圏での活躍が長かったディーン・フジオカになぞらえて『ポスト・ディーン』とも言われ話題に。その後、1月オンエアのドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)のメインキャストに抜擢され、着実にスター街道を歩くかと思いきや、今やその姿をあまり見かけません」(在京テレビスタッフ)

星野や新垣だけでなく、石田ゆり子や藤井隆と『逃げ恥』効果で注目を集めたキャストは多いだけに、重要な役どころだった大谷の露出の少なさは寂しい限りだ。ただ、不祥事を起こした同じアミューズ所属の小出恵介の代役として、榮倉奈々と安田顕によるラブコメディ映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』に抜擢されるなど、地味ながら活躍しているのは、ファンにとってはうれしい限りだろう。

 さて、最近の男女お笑いコンビといえば「にゃんこスター」だが、その前まで話題だったのは、あの2人だ。

「美人ではないがブスでもないことを売りに“いい女”風を演じていた山崎ケイと、山添寛によるコンビ・相席スタートです。昨年末の『M‐1 グランプリ2016』決勝に進出したものの、9組の中で最下位という結果に終わり、仮押さえの営業仕事が次々と消えたことを愚痴っていました。この3月には、レギュラー番組だった『PON!』(日本テレビ系、関東ローカル)も降板。そうこうしている間に、“いい女”ネタのブルゾンちえみや、キャラの強い尼神インター、ゆりやんレトリィバァといった女芸人が台頭。存在感を急激になくしていきました」(同)

 そのリベンジとばかり、今月3日に行われた『M-1グランプリ2017』にも参加したが、準決勝で敗退してしまった。

「石川恋(れん)です。べストセラー『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應 大学に現役合格した話』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)のカバー写真に、制服姿で写っていたモデルなのですが、本が売れるにつれて『あの金髪の女子高生は誰?』と話題を集め、グラビアに進出。イメージDVDも記録的なヒットを飛ばし、それまでの弱小事務所から大手に移籍。

今年は橋本環奈主演の『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)や4月から始まった新クイズ番組『最上級のひらめきニンゲンを目指せ!クイズ!金の正解!銀の正解!』(同)のレギュラー解答者など、なぜかフジに食い込んでいましたが、『金の正解』は半年で打ち切られてしまいました」(同)

■福山雅治「人気急落」を感じさせる現象の数々

福山雅治が追い詰められている。今年の大みそかに放送される『第68回紅白歌合戦』への出場も決まり、一見すると順風満帆のようだが、シングル曲の売り上げが目に見えて落ちているのだ。

「今年9月に発売した『聖域』は通算32作目のシングル曲。福山が持つ男性ソロアーティストおよび、シンガーソングライター歴代1位となるシングル首位獲得作品数記録を更新と華々しく報じられました。しかし、売り上げ枚数は5.8万枚で、約220万枚売り上げた『桜坂』はもちろん、2年前に発売した前作『I am a HERO』の約19万枚にも及ばない結果でした」(芸能記者)

この聖域は、7~9月に放送された武井咲の主演ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の主題歌で、『通常盤』、『初回限定盤 25周年ライブDVD付』、『ファンクラブ限定 BROS.盤』、『初回限定盤 Music Clip DVD・弾き語り音源付』と4種類の形態でリリースされた。福山も音楽番組を筆頭に各メディアに出演したが、売り上げの数字は決して突出しているとは言えない。

12月発売のニューシングル『トモエ学園』はドラマ『トットちゃん』(テレビ朝日系)の主題歌で、黒柳徹子と一緒に番組宣伝として音楽番組に出演したり、母校の小学校を訪れたMV(ミュージックビデオ)をYouTubeに公開するなど話題作りをしている。だが、盛り上がりはいまいちで、「コケた」と言われるのを気にしたのか、CD発売ではなく枚数をカウントされないiTunesなどのインターネット配信のみだ。

「福山が今年8月に始めたインスタグラムも、ベネチアの風景やテレビ収録の様子などを精力的に投稿していますが、フォロワーは27万人。ほぼ同時期にインスタグラムを開設した香取慎吾は、12月現在で130万人もフォロワーがいることを思えば、かなり対照的といえます」(同・記者)

そのインスタグラムにも《格好付け過ぎ》、《こんなにナルシストだとは思わなかった》といったネガティブなコメントがあふれている。さらに毎年恒例の年末ライブ、男性限定の『野郎夜』に売れ残りが出るなど、過去には考えられなかったことが続いているのだ。

俳優業でも、主演映画『三度目の殺人』の初週週末の興行収入は2億3300万円と微妙な結果で終わっている。福山が最近話題になったことは、『乃木坂46』の白石麻衣が『第10回オリコン年間“本”ランキング2017』で1位を獲得したときに賛辞を送ったことを明かされたくらいである。

2015年9月に女優の吹石一恵と結婚をしたときは“ましゃロス”という現象が起こり、所属芸能事務所のアミューズの株価が急落したほどだった。ついに福山も“過去の人”になるのだろうか。

■「めちゃイケ」終了発表の視聴率は6・6% 岡村「リアルなやつですか?」

フジテレビの看板バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)が来年春に終了することが4日の放送で発表され、平均視聴率は6・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。

 番組終盤、ナインティナインの岡村隆史(47)に、番組総監督の片岡飛鳥氏から告げられる形で発表された。岡村は収録直後でコスプレ姿。移動車の中で、片岡氏から「めちゃイケ、終わります」と報告を受けると「えっ」と絶句。「リアルなやつですか?」と確認すると、片岡氏から「マジなやつです」「来年の春」と告げられた。

 斬新なコントや体を張った企画で若者のハートをキャッチ。2004年10月には番組最高視聴率33・2%を記録した。初回から今年10月28日までの平均は14・4%

■島崎遥香がCM出演も「誰だか分からない」

元『AKB48』の島崎遥香が、「女優として限界」だと評判だ。AKB時代は島崎の名前を目にする機会は多かったが、卒業後はそれがどんどん減っている。

AKB時代に主演した映画『劇場霊』(2015年)は、宣伝はすごかったものの、評判倒れに終わった。朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)に出演していたものの、目立った印象は残せていない。

「飛び抜けた美人というわけでなく、印象的な顔ということもない。際立った個性がないのです。AKB在籍時はわがままなキャラクターが特徴でしたが、卒業後になにかアピールポイントが増えたわけではありません」(AKBライター)

現在、島崎は俳優の役所広司と『ハロウィンジャンボ宝くじ』のCMに出演している。島崎はカボチャを模したワンピースの衣装とベレー帽を着用し、ハロウィンを意識させている。

「メイクがいままでの感じと違うので、一見で島崎だと分かる人は少ないでしょう。役所は江戸時代の浪人の格好をしていてすぐに分かります。しかし、島崎はカボチャの衣装の印象が強いこともあり、ファンでなければ『この娘は誰だろう?』と思われているだけです」(広告雑誌編集者)

島崎には人気のある女優たちと決定的な差があるという。

「恐らく、繁華街を歩いていても気が付くのはAKBのファンだけではないでしょうか。AKB在籍時にいつも仏頂面だった印象が先行しているのです。彼女はAKBのときのように言いたいことを言っていれば話題になり、芸能界でも通用すると勘違いしているのでしょうが、石原さとみや新垣結衣などの人気のある女優と比べると、すべてが見劣りします」(テレビ雑誌編集者)

演技力、個性、特徴。まだまだ全てが足りないようだ。

■両足骨折で出演番組次々キャンセル……山瀬まみに突如渦巻く「不要論」!

去年デビュー30年を迎えた元祖バラドル・山瀬まみに不運が相次いでいる。先月21日、レギュラーを務める「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)の収録前にスタジオのセット裏で転倒し、両足骨折。翌22日に入院した。

「彼女は本来であればこの2日後、10月9日から新たに放送される『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)という医療バラエティの初回収録にMCとして参加するはずでした。しかし今回の件で収録は欠席。やむなく、もう1人のMCだったアンジャッシュ・渡部建だけで収録は乗り切ったそうです」(芸能ライター)

 この「名医の──」は去年から今年にかけて特番で5回放送され、いずれも好評を得たことからレギュラーに昇格したものだ。そんな番組の船出に欠席を余儀なくされるとは、あまりにもツイていない。しかもよりによって健康番組とは、さらに笑えない。

 今回の件によって彼女は、「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)の収録も出演20年で初めて欠席したという。だが、そんな骨折よりも彼女にとって痛かった最大の屈辱は、去年の「ためしてガッテン」(NHK)の降板劇だろう。

立川志の輔司会の生活情報番組「ためして──」。95年から続いてきた長寿番組で視聴率も悪くなかったが去年突然ナゾのリニューアルを遂げ、「ガッテン!」というタイトルに改称。だが、志の輔も小野文惠アナも続投だったというのに、番組開始以来パネラーとして出演していた山瀬だけ“卒業”させられたのである。

 そしてリニューアル後、パネラーとして出演しているのは元AKB48の大島麻衣や、HKT48の指原莉乃といった新世代のバラエティタレントなのだ(ただしいずれも準レギュラー)。

「おそらく山瀬は、リニューアル後の『ガッテン!』も気になって見ているはず。その時、彼女自身も、バラエティ界の世代交代を感じたことでしょう。そんな中で、今回の骨折での入院が長引けば、今あるレギュラー番組の席も検討されるに違いない」(前出・芸能ライター)

 いずれにしても彼女の一日も早い回復が待たれるところだ。

■福山雅治、人気急落の原因は“結婚”ではなかった!? 音楽関係者が“本人には言えない”深刻な事情を暴露

歌手や俳優として独自路線を歩み、人気を獲得している福山雅治。トーク能力に優れ、ラジオパーソナリティとしての人気も高い。長らく最後の大物独身俳優とも称されていたが、15年9月に女優の吹石一恵と結婚。このときは多くの女性が泣き、所属事務所の株価にまで影響を及ぼしたといわれる。

 そんな福山雅治だが、結婚によって人気が急落したとの声がさまざまな方面から聞こえてくる。しかし、業界内では別の見方がされているという。

「福山さんのライブは以前なら発売して即完売が当たり前でした。ときにはチケットがオークションに出品され高額で落札されることもありましたね。しかし、数年前からその状況も変わり、売れ残ることも出てきています」(音楽業界関係者)

1 2 3 4 5 ... 117 118





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1