1. まとめトップ

【話題】ほうれい線も薄くなる?!『ゼラチンふりかけ』で若返るらしい

乾燥肌やアンチエイジングに効果大のゼラチンふりかけ。ゼラチンはスーパー等で簡単に手に入るので、ぜひ一度試してみて☆

更新日: 2013年11月18日

149 お気に入り 33516 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pandakkumaさん

化粧品の広告などでは、「ヒアルロン酸が豊富に含まれ」「真皮にまで浸透して」という言葉をよく見かけます。そこで重要な役目を果たしているのがコラーゲン、つまりゼラチンだったとは! 肌を元気にしてくれるゼラチンの力は見逃せません。

この後の100秒博士アカデミーに出るオノマトペの先生!前に講義受けた^^ ゼラチンふりかけの本も出してるよん♪

『ゼラチンふりかけ』って?

コラーゲンは動物の肌や骨、関節などに必要なたんぱく質で、そのままでは水に溶けないものの、水の中で加熱すると溶け出します。その溶けだした物質がゼラチンです。

「ゼラチンふりかけ」とは、粉ゼラチンに塩や胡麻、カレー粉、昆布など好みの調味料や食材をプラスしたもの。これをご飯や料理にふりかけるだけで、「関節痛がやわらぐ」「肌にハリが出て若く見える」「髪にツヤが出る」など健康面や美容面に大きな変化が起こるという。

粉末状のゼラチンを食事にふりかけるだけで、肌にハリが戻るのだとか。

アンチエジングに効果大

ゼラチンがコラーゲンの塊であっても、食べてすぐにお顔のコラーゲンになる訳ではありません。一度摂取されたコラーゲンは消化酵素の働きで胃腸で分解され、アミノ酸になり、体内でコラーゲンペプチドができます。そのコラーゲンペプチドが角質層の水分量をUPさせて、私たちの肌を潤し、弾力ある肌へと導いてくれるのです。

ごはんがより美味しくなる

ゼラチンに含まれるコラーゲンは分解されるとアミノ酸になり、
「料理を美味しくする」効果もあるそうです。

ご飯と一緒に食べるだけでもいいのですが、
おかずにふりかけても ゼラチンのアミノ酸効果で美味しくなります。

美味しいゼラチンふりかけレシピ

1