提供:サントリー

脂肪バラバラ?トクホの「伊右衛門」がめっちゃ売れてる

サントリーからトクホの伊右衛門が発売。これが発売直後から飛ばしまくってるらしい。気になるわ…。

更新日: 2013年12月13日

231 お気に入り 435667 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

発売直後からバカ売れのお茶

CMでもちらほら見かける。

9/30~10/6の首都圏コンビニの売り上げPOSデータでは、お茶カテゴリーの14%を特茶が占めていた。

まじで…!?

トクホ飲料初の「脂肪分解」に着目

トクホ飲料で初めて「脂肪の分解」が認められたとか。

長年の研究の結果、ポリフェノールの一種「ケルセチン配糖体」に「体脂肪を減らす」のを助ける働きがあることを発見。

「はいとうたい」…?

トクホ飲料として初めて「脂肪の分解を促進」する作用の表示が認められた。

一般的な体脂肪消費の仕組みとして、体脂肪は「分解」しないと消費されないらしい。

体に蓄積された体脂肪は、

まず分解されたあと、

燃焼されることで消費されるらしい。

172人を対象者として行った試験では、特茶を1日1本継続飲用した結果、8週目から体脂肪の低減が認められた。

テレビCMでは、「ケルセチン配糖体」の働きである脂肪の分解を活性化させる働きを、シュレッダーをモチーフにしてわかりやすく表現している。

苦味がどうなのか気になるけど…

トクホのお茶って苦いイメージがあるし。

味は、うん。ペットボトルにしては美味しい。お茶の風味は逃がさずに実においしくできてます

渋いには渋いですが、ごくごくいける渋さ。たとえるなら急須で入れたらちょっと濃くなっちゃったかなレベル。食中に飲んでもいいですし、ちょっと一服というときもいいと思います。

トクホと言えば、(美味しくない…。)というのが個人的印象。味の伊右衛門さんが、とうとう味を捨てて勝負したのかな?と思いきや、…伊右衛門さんの味だ(*・ω・*)!美味しいっ

それもそのはず、おいしさにもこだわりが。

開発者の思いも熱い。。

「脂肪対策しながら、お茶としてもおいしい」そんなトクホ緑茶を伊右衛門から提供したい、という思いから生まれた商品。どんなときでも味わえる「飲み飽きない美味しさ」を追求した。

伊右衛門と同じく、京都福寿園が厳選した国産茶葉を100%使用。トクホでありながら、お茶本来の甘香ばしい豊かな香りと程よい苦味を実現。

毎日美味しく飲めるトクホを目指して試行錯誤を繰り返し、研究開始から約7年かけて販売に至った。

1