1. まとめトップ

【知らないと損する】大学生のアルバイトあれこれまとめ

大学生のアルバイト事情、大学生がアルバイトするにあたって知らないと損することをまとめました。

更新日: 2013年11月30日

24 お気に入り 36962 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Chiboustさん

大学生のアルバイト事情について…

大学生活といえば、勉強、サークル、バイト、恋愛

大学生のアルバイト率は約60%

業種は塾講師・家庭教師、飲食店が多い

大学のレベルによっても違う気はします

人数としては、「塾講師・家庭教師」「その他販売・接客」「飲食店店員」の順に2割台で並び、「イベントスタッフ」「コンビニ・スーパー店員」が1割台で続く結果となりました。

大学生の平均給与は月約3~4万円

つまり年間30~50万、4年間で120~200万

大学生の平均勤務日数は週3日

大学生の平均勤務時間は一週間あたり14時間

大学生のアルバイトは法律によってしっかりと守られている!

労働者は弱い立場にあることが多いので法律によって強く守られているのです

辞めるときは2週間前に通告すればよい

もうこんなバイトいやだ!

期間が決まっていないアルバイトはいつでも解約の申し入れができます。そして、解約申し入れから2週間が経過すれば、仕事に行かなくても責任は問われません。

1ヶ月以上前の通告なくクビにされたら30日分の賃金がもらえる

「もうお前なんかクビだ!」と言われたら

労働基準法の定めるところにより、即時解雇するときは解雇予告手当(30日分以上の平均賃金)を支払い

通勤中・アルバイト中の怪我は労災保険による補償がもらえる

アルバイトやパートタイマー等の雇用形態は関係ありません。業務災害又は通勤災害が発生したときに適用事業に使用されていれば、受給権が生じることになります。

年間の収入は103万を超えないほうがお得!!!!

1 2