1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

え、髪が火傷に?正しいドライヤーの使い方を知っていますか?

実は吹き出し口の温度は100度を越えているというドライヤー。髪にダメージを与えないために、正しい使い方を知っておく必要があります。

更新日: 2013年11月19日

510 お気に入り 159220 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・髪が火傷する!?

ドライヤーの熱で髪の毛が火傷をしてしまうことは御存知ですか??

今、高温のドライヤーやヘアアイロンによる髪ヤケドがすごい勢いで増えています。

手触りが悪い、髪の毛がまとまらない、切れ毛が目立つ、クセ毛が酷いなどは、髪の火傷が原因かもしれません。

・髪やけどとは?

健康でダメージがない髪なら、約60~70度の熱に耐えられるのですが、すでにダメージがある髪なら、60度が限界。

やりようによってはドライヤーの熱で髪表面が焼けたりして激しくダメージを与えかねません。

・普通のドライヤーでは吹き出し口の温度は100度を超えているという

髪が耐えられるのは前述の通り、約60~70度程度までなので、間違った使い方で「髪やけど」になってしまう人もいる。

JIS(日本工業規格)の規定では、室温が30度で吹き出し口から3センチメートルのところの温度が140度以下と決められています。

・かといって自然乾燥が言い訳ではない

パサパサした髪になってしまうほか、頭皮で雑菌が繁殖する原因にも

髪が長い場合は長時間かけて自然乾燥させると、コンディショナーのコーティングがはがれて髪の傷み(痛み)の原因となってしまいます。

濡れた髪の毛を放っておくと、髪の毛のキューティクルは剥がれ、ツヤやハリの無いパサパサした髪の毛になりがち

濡れたままの髪の毛はキューティクルが剥がれやすく、雑菌やダニが繁殖しやすくなっているので、早めに乾かしたほうが良い

・正しいドライヤーの使い方とは?

まずお風呂から上がったらバスタオルで髪の毛を挟んで軽く叩くようにして水分をタオルに吸収させる

タオルで乾かしながら、ドライヤーをかけるとドライヤーを使う時間が短縮できます。(その分傷まない)

ドライヤーの吐き出し口と髪の毛を出来る限り遠ざける。

「髪を乾かす」というより「頭皮を乾かす」、という意識でドライヤーをする

一点を集中して風を当てるのではなくドライヤーを動かしながら全体を乾かす。

ある程度温風で髪の毛が乾いてきたら、冷風にして髪の毛全体を乾かしていきます。

温風だけだと乾かしすぎになりがちなので注意

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1