1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

嵐のCMで気になる「アラウンドビューモニター」は日産だけじゃなかった

嵐のCMで車を上から見下ろしているように周囲を確認できる日産の「アラウンドビューモニター」。駐車が苦手な方は気になっていると思います。調べてみるとトヨタは「パノラミックビューモニター」、ホンダは「マルチビューカメラ」というものがありました。気になる使い心地と感想もあわせてまとめました。

更新日: 2017年02月06日

88 お気に入り 248874 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

嵐のCMで気になる「アラウンドビューモニター」

クルマを上空から見下ろしているかのような視点で周囲を確認できるアラウンドビューモニター

日産のアラウンドビューモニターってどういう仕組みで上から見えるようになってるんですか?

日産の新CM撮影秘話! 二宮さんが実際に運転して ダーツの真ん中にとめた。 アラウンドビューモニターのおかげで一発。本当に車に乗ってとめた。 8/4ベイストより。 pic.twitter.com/L4iic5Voz0

あのアラウンドビューモニターってどういう技術であんなことになってるの?

「アラウンドビューモニター」の原理

ボディのフロント、サイド(左右)、リヤの4ヶ所にカメラを設置。4つのカメラからの映像を合成・処理することで空から見下ろしているような視点で周囲を確認

4ヶ所のカメラ映像を合成して上から見たように表示します。

死角の多いミニバンでも縦列駐車や狭地駐車のコース取りが分かりやすくなるとともに、車庫入れもより安全かつスムーズに行うことが可能となっている

アラウンドビューモニターってどういう仕組みなのか謎でググってみたら思ってたよりすごかった 技術の進歩だなあ

「アラウンドビューモニター」の使い心地

バック時だけでなく、前進時や狭い道路に確認するのにとても便利です。
なんせ車の回り全てが確認出ますので役立ちます

前、後、サイドに加えて、上からみた画面が出るのはちょっと感動。よく作ったと思います。
狭い駐車場の車庫入れにはとても便利です。

とても有効的に活用されている人もいるようですが、最初はよく使って時間がたつとあまり活用しない人も結構いる

慣れてくると使わない方も多いみたいです。

正直言って便利です・・・・前後発進時の安全確認に!
私のような免許歴の長いドライバーは車庫入れ時はバックモニターでも十分ですが、死角が多いワンボックスであるが故、車の死角の安全確認に使えます。

車の死角を埋めるのには確実に役立ちます。

DAYZ〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+上から丸見えアラウンドビューモニター♡♡♡(笑) pic.twitter.com/nb3fMuoPJ1

いいか、 アラウンドビューモニターくっそ見づらいからな(笑) ぶつけそうで怖い( -_-) pic.twitter.com/SuZOwZCv1H

見づらいという声もあります。

日産の人がカタログでたよって早速もってきてくれた〜!けどまぢアラウンドビューモニターいらない笑 試乗した時逆に見にくくて困ったw pic.twitter.com/7gnIAczdc8

トヨタは「パノラミックビューモニター」

上から車両を見下ろしたような映像を、ナビ画面に表示できる。車両の前後左右に搭載した4つのカメラから取り込んだ映像を継ぎ目なく合成。

トヨタでも上から見下ろした映像が見られます。

パノラミックビューをタッチすると、俯瞰映像の一部(車両コーナー付近の4箇所)を拡大して表示できる。

拡大表示はトヨタ初の技術だそうです。

出典toyota.jp

パノラミックビューモニター以外にもマルチアングル全周囲モニターというものもあるみたいです。
あまり違いはなさそうです。

ホンダは「マルチビューカメラシステム」

1 2