1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

有罪判決から4年…酒井法子の芸能活動再開がかなり本格的になってきている

2009年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた酒井法子。昨年2012年11月に芸能活動を復帰し、徐々に活動の幅を広げてきている。今後はどうなるのか?

更新日: 2013年11月19日

17 お気に入り 48553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・2009年に逮捕された酒井法子

酒井は2009年11月に覚せい剤取締法違反で懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け、芸能活動を自粛。

この事件では、テレビ局が報道特別番組を放送、警察庁長官 自らが事件に言及するなど、世間の注目を大いに集めた。

法廷では『芸能界を引退して介護の仕事をやりたい』など述べており、実際その後は創造学園大学に入学。主にeラーニングで勉強をしていた

・執行猶予期間の終えた2012年から活動を再開している

覚せい剤事件で有罪判決を受けた酒井法子が24日(2012年11月)、芸能活動の再開を会見で正式に表明した。

執行猶予期間明けの昨年12月に主演舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」で女優復帰を果たしていた。

・2013年4月にはテレビCMにも出演

4月3日にリリースされたバロックのニューアルバム「ノンフィクション」のテレビCMが完成。このCMに女優の酒井法子が出演している。

バロックは7年間の活動休止を経て、このアルバムで活動再開。作品の世界観を表現するのにふさわしい相手として酒井にCM出演をオファーし、快諾を得たという。

CMでは、酒井がアカペラで同バンドの曲を歌唱。ラストは「このアルバムに会えて、マンモスうれぴ」と往年の名台詞も

・8月には主演映画も決定

女優の酒井法子が、来年公開予定の映画『空蝉の森』で主演を務めることが8月28日、わかった。

「幼獣マメシバ」など中年男性と動物の交流描いた人気シリーズから、「私の奴隷になりなさい」など、幅広いジャンルを手がけてきた亀井亨監督がメガホンをとったサスペンス。

芸能活動再開後、銀幕復帰第1作となる今作で酒井は、過去に深い傷を持ち、謎のベールに包まれたヒロイン・結子を演じる。

・そして11月、有罪判決後初の新曲発売が決定

2014年1月22日にリリースされる。

酒井法子(42)が9年ぶりに新曲を発売することが18日、分かった。

新曲「涙ひとつぶ」を含む5曲入りミニアルバムを来年1月22日に発売する。

復帰前と変わらない歌声に戻ってきたため、新曲リリースに踏み切ったという。

・完全復帰はできるのか?

過去には覚せい剤での有罪判決から復帰した芸能人もいるので、酒井法子の今後にも注目が必要だ。

歌手の槇原敬之や岡村靖幸にもそんな過去がありましたが、現在は音楽活動も順調、テレビや雑誌でもよく見かけますし、覚せい剤のイメージも薄れてきています。

酒井法子の歌手復帰、今後の芸能活動はどうなっていくのでしょうか。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1