1. まとめトップ

助詞の『を』!月曜から夜ふかし「出身地が分かってしまう言葉を調査」を調査

日本語の助詞「を」の説明の仕方に地域制があると、月曜から夜ふかしで特集されていました。果たして実情は?

更新日: 2014年01月08日

12 お気に入り 237127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ueko_uekoさん

をの呼び方。 うぉ←東京 つなぎのを←埼玉 重たいを←群馬 くっつきのを←広島 かぎのを←秋田 腰曲がりのを←青森 下のを←石川 小さいを←富山 わをんのを←福井 難しい方のを←大阪

▼うぉ←東京

東京で「を」を「うぉ」なんて言わね〜 平安時代かよ(笑)

あれ?私も「を」は難しい「を」って言ってた。東京出身だが「うぉ」とは言わなかった。←げつよーからよふかし見て

小学校まで東京やったからか『うぉ』って言っちゃったよでも『難しい方のお』も言うよ #夜更かしなう

▼つなぎの「を」←埼玉

埼玉だけど、つなぎの【を】とは言わないよ、 くっつきの【を】だよ…

『を』を埼玉県民は『つなぎの「を」』というらしいが、そんなこと言わないぞ。

▼重たい「を」←群馬

私は某北関東にある県で、小学生時代を過ごしたのですが、「を」を「重たい『を』という」と習いました。

私はこれを全国的に通用するものだと思い込んでいました。

確かに群馬は『重たい"を"』って言うけどよく考えたら何が重いんだろ(。*ω*。)

え、重たい『を』って全国共通じゃないのΣ(-∀-ノ)ノ栃木だと幼稚園でそう習うよ!くっつきのをなんて聞いたことなかったー

▼くっつきの「を」←広島

「を」のことを、「くっつきのを」って覚えてたんですが。

主人は「わをんのを」だったそう。同じ広島でも違うのね。

▼かぎの「を」←秋田

「を」の字を、鉤形に曲がっている形に特徴づけて言う表現。口頭で指し示す際に「お」との混同を避けるために用いる言い方。

秋田県民としては見逃せなかったヽ(;▽;)ノ私のとこはかぎのをって言ってたよ!

@kazu_nuko かぎの「を」じゃなく、わをんの「を」って言う秋田人。(-゜3゚)ノ

▼腰曲がりの「を」←青森

腰曲がりのをって普通に言ってたのに、地元出てから地元以外は言わないと気づいてショック受けたのが数年前

「を」←これを教える時って なんて言う? マオは「腰曲がりのを」で 教わった!!! 青森はそーじゃない?笑

▼下の「を」←石川 上の「お」下の「を」

1 2