1. まとめトップ
  2. ガールズ

夜お風呂に浸かるだけで、いい事がたくさん!

自分の習慣があるとは思いますが、いつ入るか、どのように入るか、お風呂の質で自分の体質は大きく変わってきます。朝のシャワーは出かける前にすっきりするし、1日快適に過ごせる!という人もいると思いますが、お風呂はやっぱり夜に入るのが美人の近道。その理由は?!

更新日: 2013年12月13日

1920 お気に入り 576268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cacocaco8さん

肉体的ストレス(疲労)を解消するのは睡眠ですが、この準備としても入浴は大きく関わっている

◆夜風呂のすすめ

肌のためにも寝る前にお風呂に入ることが大切。細胞の再生が行われるゴールデンタイムの前にきちんとお風呂に入りましょう

お風呂に入るということは一日の疲れた心と身体をリフレッシュさせるためにとても大切な時間

夜ゆっくりお風呂に入って温まることで、血行がよくなり、リラックス効果が得られる

入浴には、体を清潔にするだけではなく、睡眠につながるという大きな利点がある

お風呂の体温の変化が眠気を誘う。入浴後、体は温まりやがて体が冷え始めると眠くなる

身体は一度温まってから冷えることで眠気を誘う仕組みになっているため、夜にお風呂に入ることで質の良い睡眠を確保できる

体内でヒートショックプロテイン(傷ついた細胞を修復するタンパク質)が増加するため免疫力が高まり、ストレスに強く疲れにくい体質に

お風呂に浸かってしっかりと血行を良くすることで脚、お腹などをマッサージし一日たまった疲れやむくみを改善することにもつながる

夜お風呂に入ることでしっかりと胃腸が消化活動をしてくれるので朝の胃もたれが少なくなる

食べ過ぎた日はしっかりとお風呂に浸かることでちょっとでもケアをすることが大切。単純なカロリー計算以上の働きをしてくれる

ただし、食後すぐの入浴は危険。逆に胃に負担がかかるので、食後2時間ほどあけるのが理想

湯船にゆっくり浸かって血液の循環をよくしてから眠ると、体内の乳酸とアンモニアが減少して体臭の原因が弱まった状態で翌朝を迎えられる

◆どうして朝風呂はいけないの?

一日疲れてそのまま寝てしまい夜にお風呂に入らないと身体の体温の変化がないため、質の良い睡眠をとることができない

入浴による血行促進もなされないために、夜の身体の疲れが朝になっても残ったままになってしまう

夜にお風呂に入らずに寝た日は、疲れがあまりとれてないと感じたことはありませんか?

女子の大敵である足のむくみや、疲れがとれないなどきちんとケアをしないと取り返しのつかないことになるかも!

朝風呂では、お風呂の持つリラックス&リフレッシュの効果が副交感神経が刺激され逆効果

身体が温められることで、皮膚の血管に大量の血液が流れると胃腸などの内臓は血流不足になり、働きが鈍くなってしまうので朝食の消化に悪影響が!

朝は湯船に浸からず、シャワーで済ませる

短時間で40℃以上の熱めのお湯にするのが良い

1 2





このまとめへのコメント27

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1 2 3