1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

「ナポリを見てから死ね」と言われるナポリの魅力について

近年ゴミ問題で時々話題になるイタリアのナポリ。「ナポリを見てから死ね」といわれるくらいだから、本来はとってもきれいなところのはず。ナポリってどんなところなのかまとめてみました。

更新日: 2016年11月01日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
53 お気に入り 56187 view
お気に入り追加

ナポリについて

ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市である。

風光明媚な景観から「ナポリを見てから死ね」(日本のことわざでいうところの「日光を見ずに結構と言うな」)と言われ、温暖な気候から観光都市としても知られる。

雄大なヴェスヴィオ火山を遠景に、緩やかな弧を描く海岸線の風景は、まさに絵葉書のような美しさ。「スパッカナポリ」と呼ばれる一直線の通りを中心とした旧市街は、世界遺産にも指定されています。

美しい海に燦々と輝く太陽、温暖な気候と陽気な人々、そして美味しい食事・・・世界に知られるイタリアのイメージはここナポリが元なっているのでしょう。

世界有数のオペラと劇場があり、歴史ある像やモニュメントも観られることから、野外博物館とも呼ばれています。

「世界三大美港」の一つ

「世界三大夜景」の一つ

ポジリポの丘はガイドブックにも載っていない夜景スポット。しかし、ナポリを紹介する観光パンフレットなどには、ここから撮影した景色がよく使われます。

ナポリにあるポジリポの丘は、函館山、ビクトリアピーク(香港)に並ぶ、世界三大夜景のひとつ。

マルゲリータ発祥の地

本場のピッツァの食べ方は、ひとり一枚食べきりで、小分けにすることはないそうです。

イタリアでピッツァの代名詞的存在とされる「マルゲリータ」の誕生は1889年。イタリア統一を果たした王女マルゲリータのナポリ訪問を歓迎してピッツァ職人エスポースィトが献上したことによる

王妃がこのピザを、バジリコの緑とモッツァレッラチーズの白とトマトソースの赤がまるで「イタリア国旗」を表しているようだとして、いたく気に入った

パヴァロッティもファンだというマルゲリータ発祥の店ブランディ。

1786年から続く老舗です。ナポリのブランド店が立ち並ぶキアイア地区にあります。

エスプレッソ発祥の地

足を踏み入れた瞬間に、その格式高さと、歴史の重みを実感してしまう1860年創業の豪華な老舗のカフェ。

イタリアン・カフェ「エスプレッソ」はナポリ発祥と言われています。

イタリア人は一日に3杯も4杯もカフェを飲みますが、その彼らでさえナポリのカフェは別格だ、と言います。理由は色々とあるようですが、やはり水の違いが大きいようです。

ナポリ(Naples)のカフェで生まれたこの伝統は、カフェを訪れた人が他人のコーヒー代金を先払いするというもの。コーヒーを飲みたい人は、「カフェ・ソスペーゾ」があるかどうかを尋ね、先払い分がある場合には無料でコーヒーを飲むことができる。

ナポリで生まれたこのシステムは、世界に広まりつつあります。

観光スポット

世界遺産に登録されているナポリの旧市街。長い歴史と今の暮らしが同居する下町「スパッカナポリ」は、ナポリの人気の観光スポットのひとつです。

上の方に住む住人が、下に降りずにバケツに物やお金を入れてやりとりする風景があちこちでみられます。

カオス、洗濯物、路地、バイク、太ったおばちゃん…これが我ら日本人の描く"ナポリ像"といっても過言ではないでしょう。

ナポリのサンタルチア港の埠頭に突き出たように作られている要塞。牢獄として使われていた歴史ある城。
 11世紀にノルマン人がナポリを支配し、この城を築くにあたって、基礎の中に卵を埋め込み、「卵が割れるとき、城はおろか、ナポリにまで危機が迫るだろう」と呪文をかけたと言われており、このことが城の名前の由来だそうである。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1