古くからワイン醸造に取り組んできた山梨を始め、北海道、岩手、長野、岡山、大分、熊本、宮崎など、日本の北から南まで全国的にワインの醸造が行われるようになり、地域の土壌や気候に合わせたブドウ栽培、醸造を行い、繊細で個性豊かなワインが生産されています。
現在日本には大手ワインメーカーから家族経営の小さなワイナリーまで約200ものワイナリーがあります。古いワイナリーの中には100年以上の歴史あるところも。
最近は、若手による小さなワイナリーが増え、それぞれが熱い思いを込めたワインを発信しています。
その結果、近年日本ワインは世界的なコンクールで入賞を果たすようになってきています。
定着してきた日本ワイン。きっと日本ワインのイメージが変わるはず。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【2019】日本ワインが美味しい!!世界も驚く日本ワインの実力

国産ワインと呼ばれた時代から日本ワインと呼ばれる時代へ。作り手の熱い思いがワインを通して伝わってくるそんな日本ワインの魅力を紹介。国産ワイン/わいん/カベルネソーヴィニヨン/甲州/シャルドネ/シラー/ソーヴィニヨン・ブラン/テンプラニーリョ/ピノ・ノワール/メルロー/日本ワイン/ワイナリー

このまとめを見る