1. まとめトップ

【個人事業主向け】青色申告用・会計ソフトウェア まとめ

パソコンの買い替えと共に会計ソフトウェアの乗り換えを検討中。いろいろとまとめてみました。個人事業主の皆さんの参考になればと思います。

更新日: 2014年10月16日

nami_yeahさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 6601 view
お気に入り追加

【クラウド型】

クラウド型のメリットはインストール必要がない(メモリを食われない)事やどの端末からもアクセス出来る事、Macユーザーでも利用可能な事など盛り沢山な気がします。デメリットは毎月の維持費が掛かる事でしょうか。

「freee(フリー)」

freee(フリー)は、簿記の知識がなくても簡単につかえる個人事業主や中小企業のためのクラウド型の会計ソフトです。

【特徴】
・経理や簿記の知識はいりません:画面に従って操作すれば、会社法にまでカンタンに作成できます。
・自動で帳簿がつけられる:銀行やクレジットカードを登録するだけで、自動で会計帳簿が作成できます。
・クラウドだからできるfreeeの強み:freeeは、常に最新版が使えます。消費税の変更にも無料でアップデート。
・ブラウザから利用できるので、いつでもどこでも、データの共有も簡単。Macでも使えます。
・一目でわかるレポート:様々なレポートを自動で作成。あなたのビジネスの状況が一目でわかるようになります。
・安心のセキュリティ:ファイヤーウォール、256bitSSL、自動バックアップ、国際的な認証 TRUSTeを取得。 あなたのビジネスのデータを守る安心セキュリティ

freee(フリー)とユビレジを同期させているので、日々の売上げデータが会計ソフトに、自動で登録されるので非常に楽です。

freee(フリー)とユビレジを同期させてからは勝手にやってくれるので、すごく便利です。手間が減ったのはもちろん、月ごとに入れていた会計情報が日々入力されているのっていうのは健全に経営をする上で非常に助かっています。

【マネーフォワード】

「ネットde会計」

「MakeLeaps」

「クラウド発展会計」

【ソフトウェア】

1 2





nami_yeahさん

自分で興味のあったり、必要だったりした事を調べたついでにまとめてみました。お役に立てるとラッキーです。