1. まとめトップ

【相撲】お相撲さんっていくら貰えるの??【給料・優勝賞金・懸賞金】

力士(相撲取り)の給料・年収・賞金額についてのまとめです。横綱、大関、関脇、小結、平幕、十両、幕下まで大相撲の関取お給料事情、金星や懸賞金の金額がいくらか等、色々とまとめています。

更新日: 2016年03月16日

3WBさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 1080004 view
お気に入り追加

お相撲さんは基本給+歩合

十両以上の力士は、日本相撲協会から給与が支給される。関取と呼ばれ、力士が職業として認められる。

十両以上の力士には以下の給与が毎月支払われます。
更にボーナスも年間に月額給与2ヶ月分が支給されます。

横綱:約282万円
大関:約234万円
三役:約170万円
平幕:約130万円
十両:約100万円

幕下の力士には給料はありませんが、場所ごとの手当などは貰えるそうです。
ボーナスは毎年9月と12月に給料一か月分が支給。

本場所による手当等

十両以上の力士で3・7・11月場所(要は二場所に一回)に×35日分の
宿泊費(約5000~8000円)+日当(約1000~3000円)が支給される。

横綱・・・・・20万
大関・・・・・15万
関脇、小結・・ 5万

※11日以上出場で全額貰える。要は普通貰えます。

幕下以下でも15万(幕下)~7万円(序の口)の場所手当が貰えます。
その他勝星金・勝越金などもあります。

幕下力士はこれがお給料の様なものです。要は二か月に一回給料が無いようなもの。

少しややこしい仕組みの褒賞金

場所ごとに支給される、基本給と手当の中間のような給与。
勝ち越し等で基本額が加算されていく。(減ることがない)
横綱・・・・・60万以上
大関・・・・・40万以上
関脇以下・・・24万以上
十両・・・・・16万以上

※上記は最低金額。実際にはもっと高く、白鵬のように強ければ、一場所約500万(年間約3000万)の褒賞金となる。

金星は平幕の間に横綱を倒せば倒すだけ加算され、金星一つにつき褒賞金に毎回4万円(二つなら毎回8万円)がプラスで支給され続ける。褒賞金なので減ることもない。

平幕で横綱に勝つということはそれほど名誉なこと。
小結以上が横綱に勝っても白星と扱われます。また、横綱の反則や不戦勝では金星が支給されません。

取組には懸賞金がかかる場合もある

勝利力士は勝ち名乗りに際し懸賞1本当たり手取りで現金3万円を受け取る。

懸賞金自体は一本6万円あるのですが色々引かれる為、力士が受け取るのは一本3万円になります。

本場所で活躍した力士に贈られる賞金

横綱・大関以外の幕内力士が貰える可能性がある賞金。
該当者なしの場合も多々ある。

幕内優勝・・・1000万円
十両優勝・・・200万円
幕下優勝・・・50万円
三段目優勝・・30万円
序二段優勝・・20万円
序の口優勝・・10万円

幕内最高優勝したら、この1000万円の他に自治体、企業からの金一封も入り結構な額になります。また副賞としては海外も含めた各団体・個人から様々な商品が贈られます。

ビール1年分や、車などの商品が贈られることもあるみたいです。

お相撲さんの基本的な年収(賞金等は除く)

横綱・・・約5000万円
大関・・・約4000万円
平幕・・・約2000万円
十両・・・約1500万円

※これに賞金その他が付いた額が年収となりますので
力士の活躍により様々という事になります。

幕下の年収は賞金等込みで約100万円程の様です。フリーター並みですね・・
十両から力士と認められているのがよくわかります。

強い横綱ともなれば

力士の頂点である横綱で月収約280万円、副収入なども入れると年収1億円は超える。

白鵬がテレビで言ってましたが、横綱ともなれば沢山の若い衆に奢ったりでその分出費も多いのだとか・・・。
何より日本を背負っているともいえるので妥当なのではないでしょうか?

夢のある世界だが、とてつもなく厳しい世界!

一時期問題にもなり、今はここまでではないようですが、とても厳しい世界であることに変わりありません。

力士(相撲とり)になるには?

1 2





3WBさん

まじめなものから不真面目なものまで
とりあえずまとめてみます。
めんどくさがらずにまとめてみます。



  • 話題の動画をまとめよう