1. まとめトップ
  2. カラダ

まさかの新発見?【虫歯】が口や喉のガンを防ぐかもしれない!?

歯周病がガンや様々な病気の要因になり得ることは数々の研究から分かっているが、その一方で、虫歯菌が口腔がんや咽喉がんを防いでくれている可能性があることが判明し、オンライン学術誌『JAMA Otolaryngology — Head & Neck Surgery』に発表された。

更新日: 2013年11月22日

155 お気に入り 43363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tommytaka8さん

あなたに虫歯はありますか?

虫歯は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気である。

私にも虫歯があります...

虫歯とは

虫歯とは、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。

できることなら虫歯のない、きれいな歯でいたい!

真っ白い歯が理想ですね!

しかし、そんな虫歯にもメリット(?)が!

虫歯がたくさんある人は口腔・咽喉がんになる確率が低い!!

米国ニューヨーク州立大学バッファロー校、 Mine Tezal博士の研究チームが頭頸部扁平上皮がん(口腔がんや咽喉がんなど)を患う被験者399人と、がんではない被験者221人を対象に、虫歯の有無とがん発症の関連性を調べたところ、虫歯が多い人たちは、虫歯のない人たちと比べてがんを発症する確率が32%低いことが分かった。

虫歯のある人のほうがガンの発症確率が低下!

虫歯により産生される乳酸菌が、がん細胞に対する防護効果を有する可能性があるという。

そうなのか!!!

Tezal博士は「がんを防ぐために虫歯を放置しろと言っているのではなく、抗菌製品の使いすぎを避け、健康的な食生活、歯磨き、フロッシングによって口内の微生物生態のバランスを保つことが大切」と指摘する。

さすがに虫歯の放置はよくないみたいですね

専門家の間でも賛否両論?

ある専門家は、今回の研究は規模が小さく、その時点での虫歯にしか焦点を当てていないなどの欠点があると指摘。

一方、別の専門家は、今回の知見が裏付けられれば頭頸部がんの予防や治療の新たな方法につながる可能性があると、期待を示している。

今後の研究に期待ですね

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1