1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

IKEAだけじゃない!北欧ブランド「HAY(ヘイ)」がオシャレすぎる!

北欧ブランドといえばIKEAが有名ですが、今世界で注目されているのがデンマークのインテリアブランド「HAY」。取り扱いは、家具・ファブリック・雑貨・文房具まで幅広く、どれもとても美しいです。そんな次世代北欧デザインを牽引していくであろう「HAY」の魅力についてまとめました。

更新日: 2017年11月28日

2903 お気に入り 609155 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

urushinightさん

■ 北欧ブランド「HAY」とは?

2003年にデザイナーのRolf Hay(ロルフ·ヘイ)氏とアパレルグループの「Bestseller(ベストセラー)」によってデンマークで設立された「HAY(ヘイ)」。

出典roomed.nl

1968年生まれ。北欧ブランド、HAY社長。
インテリアショップや家具メーカーを経て、33歳で同社を立ち上げた。

1950~60年代の素晴らしいデンマーク家具、モダンデザインを意識しながら、現代のライフスタイルにマッチした機能性の高いデザインで北欧のインテリアデザイン界をリードしています。

価値の高い製品を創るために、新しい素材や最新のテクノロジーを取り入れ、高いスキルと才能を持った国際的なデザイナーと共同製作を行い、シンプルなデザイン、かつ丈夫で、素直で、楽しく便利である事を求めています。

■ ポイントはココ!

価格面についても北欧のインテリアブランドにありがちな法外な価格を設定するのではなく、良心的な価格が目立つのも魅力の一つです。

デンマークの巨匠家具が高騰してしまった今、きちんと「買える家具」を提供するのが北欧ブランド「HAY」の魅力です。

デンマークの家具「HAY」は以前から日本に入っていますが、最近、一つのブランドとしてまとまった顔を見せ始めています。

実は「HAY」日本でも購入可能なんです!

【HAYの商品】

では北欧インテリアブランド「HAY」にはどんな商品があるのでしょうか?ぜひ御覧ください。

□ インテリア

デザイン:Sylvain Willenz
優しい色使いの鏡。

デザイン: Oskar Zieta
空気で膨らませたようにみえますが、2枚のメタルシートを加工してつくられているスツール。

デザイナー:kibisi
2010年上海万博のデンマークパビリオンのためにデザインされた椅子。

デザイン: Shane Schneck
最大8脚まで重ねることが可能。

デザイン: Leif Jørgensen
椅子とオットマン。

組み合わせて使用することもできます。

デザイン: Leif Jørgensen
コートハンガー

□ ステーショナリー

デザイン: Scholten & Baijings
プラスチック製のメモ。

メモや付箋として使えます。

1 2 3





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1