1. まとめトップ
  2. カラダ

綺麗好きこそ危険な「ナイロンタオル黒皮症」

摩擦黒皮症。日焼けっぽい肌の黒ずみありませんか?

更新日: 2013年11月23日

255 お気に入り 183836 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

こんな色黒だったっけ?

むむ?
背中が黒いような…。
日焼けが残ってもしやシミに?!

よし、「ターンオーバーを促すため
がしがしこすってやるぞ!」

これちょっと待った〜!

ナイロンタオル(摩擦)黒皮症

ナイロン性の生地は皮膚よりかなり硬い

ナイロンタオルやボディーブラシ、石鹸やボディーシャンプー、強くこする洗い方の3つの要素が重なって起こってしまう

ナイロンタオルはお肌への
刺激がかなり強め。条件がそろうと
肌を黒くしてしまうようです。

でも使うとすっきりするんですよね…
たま〜に使うならアリかも。

こちらはバスリリー。
泡立てに使うもので、これ
肌に直にあてちゃ駄目なんです。

ナイロン製のこういった商品は
他にも様々なものがあります。

黒皮症になりやすいタイプ

サイズの合っていないキツイ下着を着用している

下着のラインが黒ずみやすい人は
ご注意を。メラニン生成されやすい体質かも。
着用しつづけるのも刺激になります。

ナイロンタオルが犯人ではなく、
癖でいつも同じポーズをとってしまい
黒ずみにつながるケースも。

体験談

ナイロンタオルでは背中を洗う時、
斜めにゴシゴシしてませんか?

肩甲骨のあたり、出っ張りが
いつも強くこすれるので
注意して観察してみて。
首も黒ずみやすい部分です。

治療など

生活習慣や使用品、着用品の見直しを図る

肌のターンオーバーを促すべく、しっかり睡眠、適度な運動といった、シミ対策をやっていく

原則刺激を中止すれば
だんだんもとに戻るはず。

沈着が強いと1〜3年も
かかるケースもあります。

おすすめの洗い方

湯船につかるだけでも
かなりの汚れはおちます。

あとはやさしく泡洗浄。
もの足らない人はやわらかい
天然素材のタオルでそっと洗います。

乾燥肌のモトにもなるこすりすぎ、
今日からストップ!

みんなのバスタイム

1 2





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1