1. まとめトップ
  2. レシピ

豆腐を工夫した料理レシピ!健康に最高の豆腐が流行中

大豆を使った豆腐は、日本料理の代表的な食材として良く使われます。淡泊な味に醤油などで味付けをしたり、辛味をつけたりと、様々な工夫を行う事ができます。豆腐を使ってたくさんの料理を作ってみると楽しいでしょう。

更新日: 2013年11月24日

109 お気に入り 55888 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

豆腐の効用

昔から豆腐は、これを精進料理として食していた僧侶や、多く摂っていた地方に長寿者が多いことから、長寿食といわれてきました。

豆腐が健康食品といわれるのは、植物性の脂肪をたんぱく質に次いで多く含んでいるからでもあります。植物性の脂肪は不飽和脂肪酸で、コレステロールを少なくする働きを持っています。

豆腐のレシピ

豆腐と卵は、炒め物にすると良くあいます。少し渋みのある野菜(ほうれんそうなど)などを入れるとより健康的に楽しむことができます。

豆腐ともやしは、どちらもスーパーで安価で購入する事ができる素材です。豆腐ともやしに少し野菜を加えて、韓国料理のチヂミ風に仕上げると良いでしょう。

豚肉を入れて豚汁風に仕上げています。にんじんを加えたりする事で、色を付けると更に楽しめます。

ニラは、渋みがあるので、淡白な豆腐と一緒に良く使われています。シンプルな料理ではありますが、定番の豆腐料理です。

豆腐にキノコを加えて、とろみを付けてあんかけ風に仕上げています。きのこと豆腐の組み合わせも良くあいます。

豆腐、豚肉、たまねぎ、卵のセットで作る定番の豆腐料理です。野菜も肉も入ってエネルギー補給に最適です。

乾燥ひじきと豆腐を組み合わせた和風の料理です。さっぱりとしていて、ご飯にも良くあいますし、魚料理とも相性がいいです。

白菜と豆腐だけで作る簡単な料理です。非常に簡単にできる豆腐料理なので、試してみましょう。

豆腐は、辛くして食べるといっそう美味しさが引き立ちます。スンドゥブチゲは、辛さを調整して楽しめます。

ヘルシー&ローカロリーになるガパオ丼です。豚や鶏挽肉にバジルを入れて炒めて、盛り付けに目玉焼きを加えておいしく仕上げています。

豆腐を厚切りにして仕上げる四川風の麻婆豆腐です。豆腐料理の定番で、中国でも日本でも多くの人に親しまれています。

ごま油、かつおだし、醤油など、日本の和風素材で仕上げた料理になっています。味加減によってさっぱりと仕上げる事もできます。

豆腐とシイタケなどのキノコ類は、非常に良くあうのでヘルシーです。卵やみりんで味付けを加えて美味しく頂きましょう。

豆腐を使った鍋料理

キムチ鍋は、鍋料理として日本でも親しまれています。キムチを加える事でピリ辛の鍋にして、おいしく頂く事ができます。寒い冬に最適です。

もつ鍋に対しても、豆腐を入れると、味のバラエティーが出て楽しめます。とにかく鍋料理と言えば、豆腐をどんどん投入していけばOKです。

カルシウムを補うのに最適なイワシのつみれ鍋です。魚素材を使って、野菜、豆腐などバラエティの富んだ鍋に仕上げています。

鶏ムネ肉を使って餃子を投入して、餃子も楽しめるし、別の鍋も楽しめるようになっています。

豚のひき肉と豆腐と、少しの野菜を加えて鍋にしています。スーパーで売られているすき焼きのたれなどを使って食べるのも良いでしょう。

じゃがいも、しいたけ、豆腐、長ネギなどをふんだんに加えて、だし汁を入れて煮込みます。豆腐だけでなくて、いろいろな種類の野菜を入れるので健康的です。

豆腐は、鍋料理に欠かすことができません。特に冬になったら、暖かい鍋料理と豆腐で体を温めるようにしましょう。

参考

1