1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

室内空気を清浄化する為にベストな観葉植物

植物には細菌や小さな有害物質や二酸化炭素を吸収する効果があり、色々な恩恵を受けることができる。室内に置いておきたい観葉植物についてのまとめです。

更新日: 2013年11月24日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1865 お気に入り 189419 view
お気に入り追加

一日の大半を過ごす部屋には清潔で新鮮な空気が重要です。

住宅内にはさまざまなVOCの発生源があります。

たとえば暖房機などの開放型燃焼器具、ヘアスプレーや塗料の溶剤、接着剤、家庭用品、タバコの煙などがあげられます。

揮発性有機化合物(VOC)

室内の空気中には、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンなど、極めて多くの種類の「揮発性有機化合物(VOC)」が存在しています。

植物には細菌や小さな有害物質や二酸化炭素を吸収する効果があります。

空気を清浄化

植物は光合成をして二酸化炭素から新鮮な酸素を作り出す働きをするだけでなく、室内に観葉植物を置くと、根から水を吸い上げて葉から蒸散させるため、ある程度室内湿度の調節もしてくれます。

有害物質を吸着・分解

有毒ガスはまず、活性土壌により吸収され、その次に根の周りの微生物が分解し、植物の根が栄養として吸収する。そのため、植物系は有毒ガスの吸収能を保ち続けることができる。

室内空気浄化に役立つベスト植物

タバコの煙に含まれるニコチンやタールを中和する

サンセベリア

葉からマイナスイオンを発生し汚れた空気を浄化するといわれている植物です。

サンセベリアはタバコの煙の害を浄化したり、身体に悪影響を与える活性酸素を抑制させることができます。

ベンゼンの空気をクリアします。

ポトス

ポトス等の植物は、シックハウス症候群の原因物質のひとつであるホルムアルデヒドを浄化する能力を持っています。

ゴールデンポトスの場合は、約2時間で箱の中のトリクロルエチレン、ベンゼンの濃度が激減しほぼ0になった。

ホルムアルデヒドを中和する。

ホルムアルデヒド

建材(接着剤を用いたボード等)やたばこ煙等に含まれるホルムアルデヒドが空気中に散逸し、目、鼻、喉への刺激等の症状を引き起こすことがあります。

ドラセナ

室内の二酸化炭素こ吸収し酸素にかえたり、 シックハウス症候群の原因となる、ホルムアルデヒドをきれいにしたりと 空気を浄化する

効果的に排気ガスを取り除く

オリヅルラン

空気をきれいにしてくれる植物の種類炭酸ガスを取り除くユリ科の植物

空気浄化のチャンピオン。ルムアルデヒド、ベンゼン、アンモニアなどの有毒物質の質量を吸収する。

ベンジャミン

ベンジャミンは、環境に対応して、化学物質の除去する効果があり、「エコプラント」とも呼ばれています。ホルムアルデヒド・キシレン・トルエン・アンモニアなどの除去実験では、いずれも高い数値の除去能力を持つことが分かっています。

1





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう