『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』や『ベアード・トゥ・ユー』のヒットにより、とくに米国では類似した小説が山のように登場し、それらは「マミー・ポルノ」と呼ばれるようになった。著者に家庭を持つ妻や母親が多かったことも理由のひとつだが、中心となった読者が主婦層だったことから「マミー・ポルノ」という総称が浸透していったようだ。

出典史上最速の売り上げを記録! “マミー・ポルノ”小説って何? - 「マミー・ポルノ」ブームから、文学の新しいジャンルが生まれた 日経トレンディネット

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

“マミー・ポルノ”『レディース・ノベル』? 史上最速の売り上げを記録した小説って何!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』という小説が話題になっているのをご存じだろうか。映画版キャストをめぐる騒動も相まって人気が高まり、類似の小説も多数登場。それらは主婦層にファンが多かったため、海外では「マミー・ポルノ」という総称で呼ばれている

このまとめを見る