1. まとめトップ

【訃報】「北アイルランド和平の立役者」、アレック・リード神父、オビチュアリーなどリンク集

西ベルファスト、Provisional IRAとProvisonal Sinn Feinの拠点、フォールズ・ロード地域にある教会で、「北アイルランド紛争」の始まりからボビー・サンズらのハンストを含め紛争の最盛期を直接体験し、「和平」の筋道をつけるために尽力された神父が他界。2013年11月26日作成

更新日: 2015年12月03日

1 お気に入り 3411 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

He said that in order to have any chance of persuading the paramilitaries to stop he had to “talk to them, engage them, and point out how they could achieve their objectives through a peaceful strategy”.

He added, “I used to say I represent the next person who is going to be shot. That’s who I am.”

「活動を停止するよう、武装勢力を説得するには、彼らと話をしなければならない。真正面から向き合って、あなたがたの目的は平和的な戦略を通じて達成することができるのですと指摘しなければならない。かつて私は、私が代表しているのは次に撃たれることになる人です、と言っていました。私は、その立場に立っていたのです」

"I do not represent a political party, I represent the next victim in this conflict" RIP Fr. Alec Reid, facilitator of peace talks in N. Ire

Oxford Univ Pressから出ているこの「北アイルランドの宗教、市民社会と和平」という本の表紙になっている、このヴィクトリアン・ゴシックの教会。これは……

北アイルランド、ベルファストの西部、「リパブリカンの拠点エリア」であるフォールズ・ロード (Falls Road) の地域にある、クロナード修道院というカトリックの施設である。

According to Sinn Fein leader Gerry Adams, “Clonard monastery was the cradle of the peace process and he [Fr Reid] was the mid wife, a very crucial figure”.

Through Fr Reid’s efforts these papers led to meetings between Gerry Adams and John Hume at the Redemptorist Monastery at Clonard, which stands on the interface between the Nationalist and Loyalist communities in Belfast. This in turn led to talks with the Irish Government.

Alec knew and trusted Adams ...

Eventually, Alec asked John Hume to join the talks. Hume risked extreme censure from his party, the SDLP, but willingly supported the initiative. Alec then approached me to get Charlie Haughey aboard as the leader of what was seen in the North as the largest republican party in the South.

by Tim Pat Coogan

アレック・リード(レイド)神父は、この教会で、その80余年の生涯の半分を過ごした。

1990年代以降、ゆっくりとではあるが着実に進展し、今なお続いている北アイルランドの「和平プロセス」は、1980年代後半、この施設の一室で、アレック・リード神父によって、開始された。

Blessed are the peace-makers: they shall be called the children of God. (Matthew 5:9)

Fr Alec Reid was instrumental in bringing together Hume and Adams, a major block on the road to the 94 ceasefire. May he rest in peace.

「(SDLPのジョン・)ヒュームと(シン・フェインのジェリー・)アダムズを直接対面させるために欠かせない役割を果たした」

The Midwife of the Peace Process. RIP Father Alec Reid

「北アイルランド和平プロセスが生まれたのはこの人の手があったからだ」

Belfast priest Fr Alec Reid, who acted as go-between during the Northern Ireland peace process, has died. Also worked on Basque conflict.

「北アイルランド和平プロセスにおいて仲介役をつとめたベルファストのアレック・リード神父が亡くなった。バスク紛争についても仕事をした」

Just heard reports of the passing of Fr. Alec Reid - man played a key role in extremely difficult times.

「非常に難しい時期に、キーとなる役割を果たした方」

RIP Man of Peace Fr Alec Reid “@rtenews: Update: Influential peace process figure Fr Alec Reid dies bit.ly/17Tus0z

「平和の人よ、安らかに」

People like Fr. Alec Reid can not be thanked enough for their contribution to peace here #rip

「この地の平和への貢献について、いかに感謝しても感謝し足りない」

Sad news that Fr Alec Reid has passed away in Dublin. A strong advocate of dialogue & peace with justice & was at times was villified for it

「対話と、正義を伴った和平を推進するため尽力なさった。ときにはその活動ゆえにつらい目にもあわれた」

The peace process is a complex reality. Not everyone was in favour of it. It took Al’s persistence to win over many of them. Some became his champions.

It might also be said that he was not without his critics in the Church. Some clergy (and bishops) believed he was too much of an apologist for the Republican side. It should be said, however, that Cardinal O Fiaich was a strong supporter and friend of Al’s and gave him comfort at delicate moments in the process.

I'm saddened by the death of Alec Reid. I knew him long before he ever appeared on the news, just as a priest who... fb.me/1vvnYgkO7

西ベルファストのナショナリストのコミュニティで生まれ育ったジャーナリストのマラキ・ドハーティさん。"I'm saddened by the death of Alec Reid. I knew him long before he ever appeared on the news, just as a priest who sparred with me the odd time."

Hopefully @BBCnireland will re-run their documentary about Father Alec Reid. In the meantime, this is worth watching youtu.be/53ZuVw-FCRw

アレック・リード神父がいかに和平のために尽力されたかについてのドキュメンタリー。

ご本人は決して、「私が和平を実現させた」などといいふらしたりしない、非常に謙虚で地味な方でした。

Redemptorist, Fr Gerry Reynolds CSsR, who ministered with Fr Reid in Clonard monastery in Belfast described his confrere as “a very humble man, a very wise man, a very courageous and determined man who knew what he wanted to achieve and stayed with the task.”

Interviewed former Taoiseach Albert Reynolds 1995. Described Fr Reid as one of the unsung heroes of the peace process pic.twitter.com/BmLAc3oWy9

北アイルランド紛争についてのベテラン・ジャーナリスト、ブライアン・ロウアン。「1995年にアルバート・レノルズ首相(アイルランド共和国)にインタビューをした際、リード神父のことを、和平プロセスの影の立役者だとおっしゃっていた」

Charles Haughey described Fr Reid as “the most important person in the entire peace process”.

対英強硬路線である意味「自縄自縛」状態に陥っていたチャールズ・ホーヒー首相(アイルランド共和国)は、アレック・リード神父について「和平プロセス全体で最も重要な人物」と。

『【訃報】アレック・リード神父――北アイルランド和平を主導した神父が、西ベルファストで目撃したこと(1988年3月)』tnfuk [today's news…|nofrills.seesaa.net/article/381043…

拙ブログ。神父が西ベルファストでどんなことを目撃なさったか、どんな経験をされたか、1998年3月のことを中心に書いてあります。

Fr Reid didn’t limit his dialogue to the IRA, according to Fr Gerry Reynolds, CSsR, he ventured across the peace-line and built up connections with the UDA and people on the Loyalist Shankill.

One of his most enduring friendships was formed with Methodist Minister, Rev Harold Goode with whom he oversaw the decommissioning of some of the last weapons used in the conflict.

アレック・リード神父と、ハロルド・グッド師(メソジスト)。友情と信頼関係で結ばれた2人は、2005年9月、IRAが紛争で使用した武器(銃やロケットランチャー、セムテックスなど)を二度と使えなくする作業を、カトリックとプロテスタントそれぞれのコミュニティに選任された証人として見届けた。

1 2 3 4