1. まとめトップ

初めてのメイクに基礎準備から徹底メイク講座!

初めてのメイクをするとき、何を準備したらいいのか…なんてことはありませんか?初めてのメイク基礎や、ファンデーションの色を見直そうとしている人向けにまとめてみました。最後のページには、メイク品選びや、化粧方法についてのサイトもまとめてありますのでご参考ください!

更新日: 2014年12月18日

854 お気に入り 2843679 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wataco8さん

やってみたいけど何から初めていいのかわからない・・・

初めてのメイクは誰でも試行錯誤、見よう見まねで初めています!メイクの上手な人だって、初めは家で鏡に向かってこっそり練習している人だっていっぱいいるんですよ。

上手になってからも研究に研究を重ねて自分が可愛く見えるメイク方法を見つけているんです!

初めは不慣れで中々上手くいかないかもしれませんが、自分のペースでゆっくりいっぱい練習して見てください!

メイクでこんなに変わる!

メイクで人は変わる!まずはメイクの凄さをご覧下さい!

もともと綺麗な顔立ちの方が多いですが、『目元』の印象が変わるとだいぶ変化がありますね!

意外にメイクばかりに目が行きがちですが、髪も大事なポイントですよ!
メイクだけではなく髪も抜かりなく!髪の印象だけでも可愛さや綺麗さのポイントは重要です!

メイク品の準備をしよう!

※使用している画像の化粧品やメイク品はあくまでイメージ画像です!

一から完璧にメイクを仕上げる場合の使用順にまとめて行きます。

中学生・高校生の方や、あるいは安価に目元のみ仕上げたいな…という方は、安く揃えられる『キャンメイク』や『100均』などはどうですか?
(肌の弱い方は化粧品販売の方やお医者さんにしっかりご相談ください。)

中高生は特に肌がきれいなので『眉・アイシャドウ・アイライナー・マスカラ(つけま)・チーク・グロス』だけでも十分かもしれません!必要な物をピックアップしてくださいね!

メイクを始める前に、まずは顔に付着している余分な皮脂やほこりを『洗顔』で落として、顔に必要な水分を『化粧水・乳液』でしっかり補給してあげる必要があります!

メイクのノリ(キレイに仕上げる)やメイクもち(時間が経つとメイクが落ちたり・鼻の頭のテカリを防ぐ)を長くすることが可能。

メイク後の顔のツヤ感は化粧前の下準備が一番大切!!

化粧の下地です!
下地は顔の表面を均一になめらかに整えます。
例:小鼻や鼻の頭・ほほの毛穴の凸凹・ニキビ跡

化粧下地は顔全体に、または部分的に。
透明タイプでもその後のファンデーションのノリがだいぶ変わってきますよ!

いくら気になるからといって鼻や目の下のクマに厚塗りするとメイクがヨレる(テカったり・落ちたり・くすみ・シワ)原因になるので気をつけましょう!

現在は便利なBBクリームもあるので安く済ませたい方にはBBクリームがオススメ!(※BBクリームはファンデーションとして使いましょう!)

しっかりメイクをしたい!メイクもちを良くしたい方は一個ずつ丁寧に仕上げていきましょう!

肌の悩みを解決してくれる化粧下地です。
コントロールカラーでより一層に肌をキレイに見せてくれます。

※顔全体ではなく『気になる部分のみ』の使用なので大体1回にパール粒1/2ほど!(慣れるまではちょっとずつ出して使ってみましょう。)

ノーメイクの状態の時に気になる箇所をカバーしていきます!
※全体に塗ると腫れぼったくなったり、メリハリのない顔になってしまうので注意。

コントロールカラーについては後ほど詳しく説明します!

いよいよ下地が終わり、ファンデーションです!

ファンデーションは4種類。
左:リキッドファンデーション
下:クリームファンデーション
下:スティックファンデーション
下:パウダリーファンデーション
※中から1種類で大丈夫です!

※下のクリームファンデーション・スティックファンデーションを使用する場合はこれは『使用しません!』

リキッドファンデーションは夏場にオススメの軽いタイプ。下地やコントロールカラーのように顔に塗るタイプです。

■オススメ:ツヤ肌・しっかりメイク・メイクもち◎・乾燥肌~脂性肌の方

■注意:メイク直しは出来ない為、パウダリーファンデーションを持ち歩きましょう。

※リキッドファンデーション・スティックファンデーションを使用する場合はこれは『使用しません!』

クリームファンデーションは冬場の乾燥しやすい時期にオススメです。

リキッドタイプより少し値段が上がるので、値段を気にされる方はリキッドタイプを。

■オススメ:ツヤ肌・しっかりメイク・メイクもち◎・乾燥肌~脂性肌の方(特に乾燥がひどい方)

■注意:メイク直しは出来ない為、パウダリーファンデーションを持ち歩きましょう。

※リキッドファンデーション・クリームファンデーションを使用する場合はこれは『使用しません!』

コンパクトサイズで持ち運びが便利です。
が、メイクもちは良くないものが多いので注意!

■オススメ:ツヤ肌・しっかりメイク・乾燥肌~脂性肌の方

■注意:メイク直しは出来ない為、パウダリーファンデーションを持ち歩きましょう。

こちらはメイクと言ったら一番手に取りやすい、固形のファンデーション。
※メイク直しに最適

上のリキッドやクリームタイプのあとにシミや鼻の毛穴など気になる部分のみ使ったり、メイク直しに最適です!

ひとつあれば便利なので一度使ってみて粉っぽさが気にならなければ1つ使いで全然大丈夫です!

■オススメ:早くメイクを仕上げたい・混合肌~脂性肌の方・メイク直し可能!

■注意:化粧崩れがしやすいタイプのため、固形のファンデーションのみの場合メイクもちはよくありません。

肌の最後の仕上げに!
肌をサラサラに仕上げるパウダータイプです!

フェイスパウダーはメイクもちも良くしてくれるだけではなく、肌をキレイに見せてくれるので最後の仕上げに!

粉をたっぷりつけてから、最後に顔を筆でサッサと払ってあげるとGood!!最後に手でしっかり抑えてあげるとより一層メイク持ちが良くなりますよ★

リキッドやクリーム、スティックファンデーションのみの場合、時間が経つと化粧崩れがしやすく、テカテカ・ドロドロの原因になるので気をつけましょう!

ここから各パーツ用に移ります!
顔を仕上げてから各パーツに。

眉毛用ペンシル。

アイブロウにも2種類!
左:ペンシルタイプ
下:パウダータイプ
2個使いの方も結構多いと思います!

しっかりした眉、眉毛がない方、キリッとした印象が欲しい方にオスス。

ペンシルタイプにはだいたい左の写真にあるブラシのような物がついてます。眉毛を整える為にあるんですが…眉毛を間違えちゃった時、あっ濃くしすぎた!って時ササッとブラッシングすると薄くなったり消したりすることが可能です!

こちらも眉毛!

左の写真のようにどこにどの色っとあらかじめ設置してあるのでそのまま刷毛のブラシでかけて簡単。

もともと眉毛がしっかりある方や、ふわっとした印象にしたい方にオススメです!

目元(まぶた)のメイクです!

色・発色(色の出方)・薄づき等色々あるのでドラックストアに行って手の甲や目元に塗って試してみましょう!

まずは普段着ている服の系統に合わせるといいと思います。

目元のメイク。

こちらも2種類
左:リキッドアイライナー(黒・茶色)
下:ペンシルアイライナー(黒・茶色・グレー)
こちらも2本持っている方が多いと思います!

ペンシルは慣れるまで中々難しいので練習が必要!
ですが筆タイプなので目尻の跳ね上げ(キャットアイ)やタレ目など、繊細タッチが可能。

目元は瞬きが多いので一番崩れやすくよれやすい場所です。気づいたらパンダになってたなんて人も…だれもが通る道なので(笑)

『ウォータープルーフ』:水・汗に強い
タイプを選びましょう。選んだのに落ちてるなんてこともあるので色々試してみるか、こまめにお手洗いで確認が必要!

こちらも目元メイク!

まつげの隙間を埋めたり、下のラインを引くときに重宝すると思います!

茶色・黒・グレーと色があるので、くっきりはっきりさせたい人は黒。柔らかいイメージにしたい方は茶色やグレーがオススメ。

髪の色に合わせて使用してもいいと思います!

まつげをクリッとクルンと上げるためのものです!
目元をクリッと大きく見せる為に一役買います!

※強くギュッとするとまつげが抜けてしまうので注意。

お店に行くとこれでもかってくらいビューラーがありますが、よく見るとカーブが浅かったり深かったりしているので注意!人により目の厚み?目のカーブ?が違うので、自分のカーブの深さで(なんとなくですが…)で近いものを購入してください。

まつ毛のあげやすさがだいぶ変わってくると思います。

まつ毛をより一層長く・濃くしてくれるものです!

マスカラ選ぶ際は『ウォータープルーフ』がオススメ!(汗や涙・水に強いタイプ)

また何を重視するのかも。
まつげを長くする・まつげ濃くする(増やす)

色は茶色と黒があるので、柔らかい印象にしたい方は茶色。キリッとくっきりさせたい方は黒がオススメ。

左の写真のように『ブラシタイプ』と『コームタイプ』があるのでこちらも使いやすいものをご利用下さい!

ブラシタイプ:カールをしてくれる。根元からしっかり塗れる。繊細。

コームタイプ:しっかりセパレートしてくれる。まつげを太く見せる(まつげ同士がくっついて)

頬に血色をもたらすチーク!

チークは大まかに分けて2色
ピンク系:色白・黒髪の方
オレンジ系:色白・日焼けした肌・茶髪の方
に良く似合います!
ほかにも『ふわっと可愛い女子にしたい方』はピンク。『キリッとしっかり女子にしたい方』はオレンジなど。

『筆でササッとタイプ』『指で塗るタイプ』『パフでポンポンするタイプ』などありますが、やりやすそうなタイプを選びましょう!
やりやすさは筆タイプ1番です!

唇のメイクです。

唇の輪郭をはっきりさせるために使用します。
色もたくさんあるので口紅の色に合わせるか近い色を選びましょう!

口紅は本当に色々ありますね!

まずは
マットタイプ:しっとり
シャイニータイプ:ツヤ

うまく塗れない方は筆で塗るとキレイに仕上がりますよ!

唇をツヤツヤ・プルプルに仕上げてくれるものです。

口紅の上にチョンチョンっと載せてもキレイに仕上がります!

若い子はグロスだけ単体に使う場合も多いのでグロスのみでもOK!

さらにプラス!これもあれば垢抜けメイク!

1 2 3