1. まとめトップ

大人のエチケット!歯医者が薦めるオーラルケア!!

キチンと歯磨けてますか?ここでは歯医者さんがおすすめするオーラルケアをご紹介したいと思います。

更新日: 2018年07月14日

16 お気に入り 27956 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kim000さん

とても大事なオーラルケア

虫歯や歯周病の予防の為にかかせない「オーラルケア」。
みなさんちゃんとできていますか?

いけてるサラリーマンは、オーラルケアが大事である。 当然、虫歯は1本も作らないようにすること。

歯の黄ばみや着色がとれないのはなぜ?

いつでもキレイな歯でいたい!と誰しもが思うのは当たり前ですよね。

黄ばみや着色が取れないのは、主に食事やタバコが原因です。
しかし、食事は毎日取りまよね。そうすると、食後の歯磨きが大切になってきます。
食べたすぐ磨けなかったり、磨き残しがあることもありますよね。その小さな汚れが溜まってしまうと着色してしまいます。

歯ブラシの選び方

・毛の硬さは普通

歯ブラシには、「ふつう」「やわらかめ」「かため」がありますが、一般的におすすめなのは「ふつう」タイプ。歯磨きの一番の目的である、歯垢を落とすのに「やわらかめ」では毛先がすべって歯垢をきちんと除去できないからです。

一方「かため」の歯ブラシは、ふだんの磨き方が弱めという方に向いています。

・ヘッドが小さめのもの

奥歯の隅のほうまでキレイに磨くためです。ヘッドが大きいものは、うまく奥まで入らず、隅っこの方を残しがちになってしまいます。

虫歯の多い方へおすすめしたい歯ブラシ

重度の歯周病で歯がグラグラしていても毎日しっかりとオーラルケアをすれば治ることがあります!⇒hambrabi.info/ys9z5v/

タフト24

理想のプラークコントロールを追求し、使いやすさにもこだわった、まさに高品質歯ブラシの代名詞。歯ブラシを処方する時代となった今、症状やブラッシング圧に合わせて歯ブラシを選べるのはタフト24の大きな魅力です。

サンスター/バトラー歯科用 #211

歯科用。グリップは面が広く、平らな造り。これが心地よいしなりを生み、しっかりと力を加える事が出来ます。

日本では「バトラー」と言う歯科医院向けのブランドで売り出されていますが、定番の「バトラー歯科用 #211」が支持されているようです。

歯磨き粉の選び方

むし歯予防、歯周病予防、冷たいものがしみるのを防ぐなど、ハミガキ(歯みがき粉)の成分の働きを理解し、歯とお口の状態に合ったものを選びましょう。

※歯磨き粉にも使用期限とされるものがあるので、気をつけましょう。

Aronal アロナール

スイス生まれの歯磨き粉で、ヨーロッパ諸国を中心に世界各国で多くの人々に愛用されている歯磨き粉です。
研磨剤を抑えたアロナールは歯に大変やさしく、歯質にも歯肉にも優しいビタミンA配合で損傷を与えません。インプラント患者さんにも安心して使えるようです。

※現在アロナールは販売されていません。

細かい隙間も「歯間クリーナー」

GUM デンタルフロス ワックス

GUMは誰もが一度は目にあいた事のある名前だと思います。

だ液などの水分を含むと膨らみ、効果的に歯周病の原因菌がひそむ歯間部の歯周プラークを除去します。

歯医者さんが作った ツルッツルガム

1 2