ピカソは鮮烈な輝きを放った早熟の天才だ。本格的な画家としてのキャリアのはじまりを告げる『“招魂(しょうこん)・カサヘマスの埋葬”』は20歳のときに描かれ、時をおかずしてピカソは代表作を次々と完成させた。 “アヴィニョンの娘たち”は26歳のときの作品である

出典【読む新刊ラジオ】“天才は早熟”は間違い? - 新刊JPニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ピカソが『天才』と呼ばれる5つの理由

20世紀最大の芸術家パブロ・ピカソ。そのパワーに充ち満ちた作品の数々には圧倒されるばかりだが、一体なぜ、ピカソばかりが「天才」と呼ばれるのだろうか…。

このまとめを見る