1. まとめトップ
  2. おもしろ

サンタも夏を満喫している♪南半球のクリスマス

今年もなんだかんだで、もうすぐクリスマス♪そこで気になったのは、南半球の真夏のクリスマス。どんな感じなんだろう?まとめてみました。

更新日: 2013年11月27日

96 お気に入り 91362 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ohirunesitaiさん

真夏のクリスマス

雪降るホワイトクリスマスなんて、なんともロマンチック。
しかし当然のことながら、世界には真夏にクリスマスを迎える国もたくさんある

青い空と降り注ぐ太陽の下、時には35℃、地域によっては40℃を超える厳しい暑さの中で迎えるクリスマス

「サンタがサーフィンに乗ってやってくる?」
「サンタが海からやってくる?」
なんて言われているゴールドコースト。

海辺に行くと、トナカイのそりの代わりにモーターボートで引っ張る水上スキーに乗ったサンタサンに出会います。

サンタ・クロースは、オーストラリアでもちゃんと赤い服を着ている。ただ、ズボンが半ズボンだったり、裸足だったりして面白い。

テーマはビーチ

ニュージーランドのクリスマスでは、食卓に上る料理やクリスマスプレゼントにも季節が表れています。

ビーチサンダルやビーチタオルがプレゼントとして人気が高く、伝統的なクリスマス料理であるローストの代わりにビーチでピクニックをしたり、みんなでバーベキューを囲んだりします。

クリスマス・デーには家族や友達が屋外のバーベキューの周りに集まり、あるいはビーチで一日を過ごす。シドニー郊外のボンダイ・ビーチ Bondi Beach は、クリスマス・デーを楽しむ人々で一杯になる。

クリスマスデコレーションが施された自然の木と美しいビーチの景色。


ゴールドコーストのクリスマス

パラセイリングをするサンタ

南島の湖でジェットスキーをしたり、深い渓谷でバンジージャンプをしたり、192メートル上空からオークランド市街を見下ろすスカイウォークに挑戦したり、はたまたベイ・オブ・アイランズでパラセイリングをしたり。ブーツを脱いで海に入り、暑さをしのぎます。

ワナカ湖で遊ぶサンタクロース

町では

街で見かけたクリスマスグッズの店。なんと店の壁には水着姿のサンタクロースの絵

サンタさんは半パン(ちゅーかこれパンツか水着?)&ビーサン+サングラス姿。なんかチャラい。。。
手に持ってるのもおそらくビールな気がする。

浮き輪です。
浮き輪にメリークリスマスと書いてあるのですが、サンタさんはサーフボードと一緒。
真夏のクリスマスですからね、雪道をそりで、、、という訳には行きません。

シドニーの夏の夜を彩るクリスマス・イルミネーション。シドニー市内中心部=シティではライトアップも実施され、素敵なクリスマス・ディスプレイがあちらこちらで輝いています。

ニュージランドでは、地方によっては夜10時を回るまで暗くならないため、もうベッドに入るような時間に家族でクリスマスのイルミネーションを見に出かけることも恒例の行事となっています。たいていの町や都市にはライトアップされた家や庭で有名な住宅街があるのです。

「確かに薄着のサンタさんの絵もよく見るけど、やっぱり正式な衣装はあのフカフカの赤の衣装という認識ですよ」
イベントなどには、日本と同じあの真っ赤な衣装で現れることが多いという

1 2





このまとめへのコメント6

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1