1. まとめトップ

【短眠者】ショート・スリーパーになるための5つのステップ

ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者ともいう。|短時間睡眠

更新日: 2018年06月30日

227 お気に入り 613208 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

■ショート・スリーパーとは

短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。

ただし、それで寝不足に陥っている人はショート・スリーパーとは呼ばれません。

■ショート・スリーパーへの移行方法

1.起床時間を一定にする

体の生活リズムは起床時間を一定にしておくと崩れ難いそうです。

同じ時間に起きる習慣をカラダに覚え込ませれば、眠る時間に関係なく翌日は目が覚めるのです。

2.眠る時間を遅くしていく

睡眠時間は30分単位で減らしていく

2週間ほどそれを続ければ体がその生活になじむとか。

3.主体的に仮眠を取る(夕方以降はNG)

日常のちょっとした空き時間に仮眠を取ると、慢性的な寝不足による「ボー」っとした感じが無くなるのです。

1分、5分、15分など

コーヒーを飲んで眠りにつき、カフェインの効果で起きることができれば大変気持ちよく目を覚ますことができる。

■睡眠の質を上げるための工夫

4.内蔵に負担をかけない

短眠を目指すためには最低でも「食事量を減らす」「胃に負担をかけない食物を中心に食事をする」という2つが大切。

短眠のためには、果物や野菜中心の食事にし、細かく切ったり、柔らかく煮たりするのがベストである。

5.メラトニンの分泌を促す

睡眠には「メラトニン」というホルモンが大きく関わっていることが分かっています。このメラトニンの分泌をうまく促すことができれば、短時間でも「上質な睡眠」を得ることできるというわけです。

上記の9つが、メラトニンの分泌をストップさせ、熟睡を妨げる原因になっていたりします。

1 2