1. まとめトップ

オバマ大統領が「灰色とブルーのスーツしか着ない理由」”判断力を向上させる秘訣”

オバマ大統領が意図するところは「判断することの疲れ」です。これはあなたが1日に判断する能力に大きな影響を与えます。大事な判断を次々としなければならない大統領。いかにシンプルに考えるか、余計な判断をしないことが判断力を高める為に大事なんですね!

更新日: 2013年11月26日

9 お気に入り 10369 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

keivivoさん

オバマ大統領は自身の生活をシンプルにするための興味深い方法を語っていました。「灰色とブルーのスーツしか着ません。選択肢を減らすのです。食べ物や服について、いちいち決められません。他に決めなければいけないことがたくさんありますから」

不必要なことを避け、大切なことに集中するのが、人生の成功と幸せの秘訣です。

オバマ大統領が意図するところは「判断することの疲れ」

あらゆる局面、あらゆる分野においてとても大事な概念「シンプリシティ」

シンプリシティ
もっとも重要なユーザビリティ・ガイドラインをひとつ挙げろといわれたら、シンプリシティ(単純さ)がそれにあたるだろう。ユーザに見せるものを減らせば、それだけ彼らが読み取ったり理解したりする手間が省け、いかなる段階においても、正しい選択肢を選ぶ確率が高まる。

新たな機能を追加すると、古い機能がより難しくなり、間違いやすくなるもの

大切なのは選択肢を減らすこと!

判断に直接関係しない「余分な情報」も、目が曇ってしまうので注意が必要です。

何かを判断するとき、まず「頭の屋根裏部屋」を掃除して、重要な情報だけに集中しましょう。

シンプル生活を心がけると、得られる効果

・床に物を置かないため、足をつまずかない⇒ケガ防止⇒安全につながり、安心し、安泰となる。
   ・物が少ないため、探し物がすぐに見つかり、忘れ物が減ります。
   ・掃除をする表面積が増えることがないので、楽になります。
   ・6畳のフローリング部屋であれば、1分ほどで掃除機がかけ終わります。
   ・物を買うときに、必要不要の視点で買うことができる。衝動買いを防げる。
   ・部屋に物がないころで、心が常にスッキリ爽快!快感に浸れる。
   ・環境に優しくエコロジーで、かつとても経済的です。

選択こそ束縛だ

無選択は自由だ

何かを選んだその瞬間

もうあなたは<世間>の罠にはまっている

もしあなたに選ぶという誘惑に耐えることができれば

もしあなたに無選択なまま醒めていることができれば

その罠はひとりでに消えうせる

なぜなら、選択しないということは

その罠がそこに存在するのに手を貸さないということだからだ

その罠もやはり

あなたの選択によってつくり出されたものなのだ

そこで、この<選択>という言葉が深く理解されなくてならない

その理解を通ってはじめて

あなたの中に<無選択>という花が開き得るからだ

自動的に「しないこと」が判断できるということだ。その都度、この人ならいいやとか、そういう曖昧な判断がいっさい入らないことが大切なのだ。

1