筆ペンなどを使って、不祝儀袋の水引から上の場所に薄墨で用途を書き、下に名前をフルネームで書きます。

用途は「御霊前」が最もポピュラーです。一応、全宗教のお葬式で使える表書きですので覚えておきましょう。よく聞かれることですが、「御仏前」というのはお葬式では使いません※。49日の法要から使う表書きです。
※浄土真宗では、葬儀でも「御仏前」にしますが、宗派が不明の場合は「御霊前」で問題ありません。
また、裏側の折り方にも注意してください。
慶事とは逆で、先に下側を折って、次に上の折りを重ねます。返しが下に向くことで悲しみを表しています。
うっかり逆にしないように、くれぐれも気をつけてくださいね。
裏側に名前や金額を書く欄がある場合は記入します。

出典葬儀参列マナーの決定版!【早分かり葬儀参列】-香典-香典袋の表書き

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【香典の相場】香典の一般的な金額はいくら?

お葬式、お通夜など、御香典(ご霊前)に包む金額(相場)はいったいいくらなのでしょうか? リンクまとめを作りました。お香典の金額マナー気になりますね~。(御霊前)

このまとめを見る