1. まとめトップ

【成功】人生が変わる「筋弛緩法」まとめ【睡眠】

筋弛緩法をまとめました!熟睡できるとネットでも話題!是非お試しください。

更新日: 2016年03月06日

101 お気に入り 138668 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kmkm91さん

筋弛緩法って?

アメリカの神経生理学者ジェイコブソン博士によって創案された“斬新的リラクセーシ ョン”がもとになっている方法です。
 自律神経系の働きによって起きた緊張は、意識的にとろうとしてなかなかもとれるもの ではありませんが、この方法は意識的に緊張をとる方法として工夫されているものです。

筋弛緩法は場所も時間もあまりとらないので、家でも職場でも、移動中でも可能な便利な方法です。
筋弛緩法全体に通じる通則として、
1.力は全力で入れるのではなく、70~80パーセント程度の力で、ギューっと全身の筋肉に5~8秒程度力を入れてください。
2.その後、スッと力を抜き、10秒間ほど脱力してください。
(2が特に重要で、この時にいかにリラックスできるかがキーポイントだと思っています。)

筋弛緩法の具体的な手順 顔リラックス編

1.見上げるように眉を上げ、おでこに力をいれ、唇をすぼめて前に突き出します。

出典筋弛緩法でリラックスする方法

2.スッと顔全体の力を抜き筋肉が緩んでいくのを意識します。

3.眉をを寄せ、しかめっ面をしてまぶたに力を入れます。さらに奥歯をきつくかんで、唇を固く結びます。

4.スッと顔全体の力を抜き筋肉が緩んでいくのを意識します。

筋弛緩法の具体的な手順 首リラックス編

1.天井から頭をひもでつられているようにイメージして、あごは上げずにリラックスします。

2.手を頭の後ろで組み前に押すようにすると同時に、それと同じ力で首を後ろに倒すように力を入れます。

3.そしてスッと力を抜き前に首を倒します。

筋弛緩法の具体的な手順 腰リラックス編

1.おへそを前に出し、みぞおちをそらせるようにして腰から背中にかけて力を入れます。

筋弛緩法の効果

不安によって原始的な脳が起こす反応と逆の反応を意識的に作る事が目的です。
安や怒りが生じると、全身の筋肉は緊張します。
その緊張を原始的な脳が感じてさらに興奮が増すというサイクルをきたします。
ここで意識的に筋肉を弛緩させてやると、原始的な脳はどうやら今は興奮なくても良いようだ、と感じる事になります。
よく言われる、笑顔を作れば気持ちも楽しくなる、と同じ仕組みです。

1