1. まとめトップ

無職・フリーター向け賃貸情報サイト・不動産会社が結構ある……

部屋探しは結構大変なようです。アルバイト勤務の場合や休職中だと、やはり嫌がる大家さんが多いです。そのため無職の方やフリーターの方向けの物件検索サイト、不動産会社があるそうです

更新日: 2016年07月17日

ruccytoruffyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
42 お気に入り 179187 view
お気に入り追加

◇なぜ専用サイト・ページがあるかというと、物件探しが大変だから

一番に家賃の延滞が心配される・・・

長期間に仕事をしてない事情が理解できない大家さんの不安が原因にもなっている

◇低価格物件が増加している・・・!

◇無職の方向けに対応してくれる不動産会社は結構あった・・

◇賃貸サイトなどで紹介されている物件の特徴は?

家賃がとにかく安い(3万円から5万円前後など)
・保証人が必要になってくる
・預金残高の提出も求められることが多い
・敷金礼金ナシの好条件である場合も...

◇無職でも探してくれる不動産屋の見分け方

遠方の方は事前に事情を電話で確認するのが一番

【入居審査にやさしい!】などの表現で物件宣伝をしてる不動産会社

二人入居可、ペット可、外国籍可、水商売可などなど色々な物件宣伝を不動産会社はしている。
そのような審査がやさしいと宣伝をしている仲介業者であれば、審査がやさしい物件を探してくれる可能性があるかも…

直接、お店に出向いてお部屋探しのお願いをしっかり頼みこんでみていいだろう

不動産会社のカウンターの営業マンも一人の人間。電話では断られたとしても、お店でしっかり人間性をピーアールしてみてたら、オーナーさんにあたってくれる可能性もある。

◇フリーターやアルバイト勤務の入居審査はどうなる

給料明細の提出が問題なければ、問題ないケースが多い

フリーター、アルバイト勤務、派遣・契約社員などの方の場合は給料明細の提出が問題なければ、入居審査をクリアするケースが多い。家賃の3倍以上の収入が直近3か月であれば、問題ない場合が多い。

勤続年数が大事。

アルバイト勤務でも長年勤めていれば、入社したばかりの正社員より審査が通りやすい場合も…

家賃が安ければ、審査も簡単になる

家賃が安いと入居審査がやさしい場合もあります。
5万円以下の物件は入居審査が甘めの場合が多いです。

◇その他、審査に引っかかりやすいケース

派遣社員・パート勤務でも審査に引っかかる場合がある

勤続年数が短い場合…

1 2