1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

syatohanさん

◎マー君のメジャー移籍、気がかりは英語力…

東北楽天ゴールデンイーグルス (2007 - )

今春のWBCで本人は「英語? まったくダメです」と明かしたように、英語は聞くのも話すのも苦手。そんな田中が英語を母国語にする社会で思う存分、力を発揮できるのか。

今や多くの日本人選手がメジャーでプレイする時代になったことで、以前にはなかった壁もたちはだかるようになったと感じることがある。それが言葉の壁だ。

◎日本人がメジャーで成功するには、英語力が必要?

オリックス・ブルーウェーブ (1991 - 1996)
アナハイム・エンゼルス (1997 - 2001)
シアトル・マリナーズ (2002 - 2005)

◎アメリカに住みたいからMLBへ!!

野球選手は大人になってから渡米しますので、必死の努力が必要です。その努力をしたのは長谷川だけだと思います。かなり流暢ですがやはり日本人なまりは有ります。有名大学を卒業した商社や銀行の駐在員と会話力は同じくらいです。

オリックス・ブルーウェーブ (1992 - 2000)
シアトル・マリナーズ (2001 - 2012)
ニューヨーク・ヤンキース (2012 - )

◎公の場での英語は控えてますが…

米国での長期滞在を経た現在、イチローの英語力はほぼ完ぺきと言われるまで上達しているようだ。

北海道日本ハムファイターズ (2005 - 2011)
テキサス・レンジャーズ (2012 - )

◎メジャー2年目は「地元ファンの前で通訳なしのインタビュー」

、司会者の質問をしっかり理解し、短い言葉ながら堂々と、的確に応えていたのはさすが。

読売ジャイアンツ (1993 - 2002)
ニューヨーク・ヤンキース (2003 - 2009)
ロサンゼルス・エンゼルス (2010)
オークランド・アスレチックス (2011)
タンパベイ・レイズ (2012)

◎今では、日常生活やチームメイトとの会話は英語

メジャー移籍時は中学2年生の英語教科書「ニューホライズン」を持参して渡米したというエピソードもある

元チームメイトのCC・サバシアは、松井の英語力について「松井はいい英語を話すよ。こちらの言っていることは全て理解しているし、会話するには十分だ。」と評している。

◎キャッチャーはコミュニケーションを必要とするポジション

スレートン・ブルペン・コーチ「彼の英語は僕が想像していたよりうんと上手だったよ。野球の知識、投球の知識も深いしね。」

読売ジャイアンツ (1999 - 2008)
ボルチモア・オリオールズ (2009 - 2011)
テキサス・レンジャーズ (2011 - 2012)
ボストン・レッドソックス (2013 - )

◎英語は右から左へ受け流す?

上原は「(キャッチャーの言ってることは)右から左です。はよ戻ってくれって。ほとんど分かってないです」と、驚くべき告白をした。

◎一方、上原の息子の英語力は完璧!!

マイクを向けられ「エキサイテッド!(興奮しました)」と流暢(りゅうちょう)な英語で答えると、場内から大歓声が上がった。「お父さんは吐きそうだったと言っている」と問いかけると「アイ ドント ノウ(知らないよ)」。上原は通訳を介しての応答だったが、一真くんはすべて英語での受け答え。

阪神タイガース (1990 - 2000)
ニューヨーク・メッツ (2001)
サンフランシスコ・ジャイアンツ (2002)
ニューヨーク・メッツ (2003)
北海道日本ハムファイターズ (2004 - 2006)

◎アメリカに渡っても新庄節!!

アメリカに渡っても新庄節は変わらず、英語が苦手なため、チームメイトに日本語を教える、と言って、チーム内に変な日本語を流行らせていたこともありました。

福岡ダイエーホークス
福岡ソフトバンクホークス (2000 - 2011)
シアトル・マリナーズ (2012)
トロント・ブルージェイズ (2013)

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1