1. まとめトップ

エステ並みのケアを自宅で!美顔器の種類まとめ

さまざまな美顔器が発売されていますが、種類が多すぎてどの機能にどのような機能があるのか分からない。そこで、代表的な美顔器の種類をまとめました。

更新日: 2013年12月05日

11 お気に入り 14663 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

norilifeさん

超音波

1秒間に約100万回と、人間の耳では聞くことができないレベルの音の振動を利用しています。振動によって血液やリンパ液の循環がよくなり、肌代謝が向上したり、肌にハリを感じることができます。日頃できない皮膚運動をするため、しわの軽減にも。

お肌の不要な角質や汚れが取り除かれる

余分な角質や角質内に入り込んでしまった汚れなどがはじき出され、お肌が柔軟になり、美容成分が角質層のすみずみまで行き渡ります。

新陳代謝が活発になり、代謝が高まる

お肌の細胞のひとつひとつにまで細かい振動が行き渡ることで、マッサージ作用が見込めます。血流やリンパ液の循環がよくなり、お肌の新陳代謝が活発に。結果、老廃物の代謝やむくみの改善につながります。

血行が促進される

振動により、お肌の内部の分子間で激しい摩擦が起き、お肌の奥の組織の温度が0.5~2度上昇するといわれています。この温熱作用により、血行が促進され、さらに新陳代謝や老廃物の代謝がスムーズにいきやすくなります。

イオン導出

電流を使って肌の汚れを取ります。肌の汚れはマイナス電位を帯びているので、美顔器のヘッド部分から微弱なプラス電流を流すことで、汚れを吸着。汚れを落とすことで肌の透明感にも繋がります。

毛穴に詰まったメイクの残りかす、余分な皮脂、古い角質の除去・透明感アップに。

使う時は水で濡らしたコットンを併用。
汚れはすべてコットンに吸着しますので、目で見ても、クレンジング効果が分かりやすいです。

イオン導入

私たちの肌の一番表面、角質層は酸性で、陽イオン(+)が多くなっています。しかしその内側の顆粒層は陰イオン(-)でアルカリ性に保たれ、互いに反発しあい、角質層と顆粒層の間には電気の膜ができています。通常はこの電気の膜に阻まれて、美容成分は角質層よりも奥に浸透することができません。

微弱な電流の力を使ってイオン化した水溶液中の成分を肌の奥まで届ける方法。浸透率は通常の約30~100倍と言われ、化粧水自体が持っている成分をダイレクトに取り入れられるのが魅力。

肌のキメを整える・くすみ改善・ニキビ痕改善・ターンオーバー促進・美白効果・しわ予防・しみ予防に。

「針を使わない注射」

微弱な電流を流し、そのままでは皮膚から吸収しにくいビタミンCやプラセンタを皮膚の深部まで浸透させ、あらゆる肌トラブルを改善してくれます。

LED

フォトフェイシャルやフォトトリートメント、光エステ、光ケアとも呼ばれています。細胞を活性化しコラーゲンの生成を促す。

くすみ改善・ハリを出す・ツヤを出す・しわ予防・弾力を出す・毛穴引き締め・透明感アップ・潤い補給に。

LEDの特徴は、従来のレーザー治療や光治療のように施術後に痛みを感じたり赤みを生じさせることもなく、安全性に優れています。

それぞれの色の波長によって、気になる部分をトリートメントします。

赤色LEDは血行を促進して新陳代謝をよくする他、コラーゲンの浸透をサポート。青色LEDはニキビや吹き出物の原因となるアクネ菌を減少させる殺菌効果あり。

スチーム

細かいスチームがお肌に浸透し潤いをキープします。

潤い補給・ハリを出す・弾力を出す・透明感アップ・過剰な皮脂を抑制・しわ予防に。

スチームを使用した後には、毛穴が開いた状態となり、毛穴の奥に詰まっている汚れなどを落とすことが出来ます。

クレンジングなどを行う前にも一度スチーム美顔器を利用して、洗顔を行うと、より汚れを落とすことが出来ます。

角質層にたっぷり水分を届ける

洗顔後に使用し、水分をお肌に届けることで、透明感やハリ・弾力、しわ予防につながり、また余分な皮脂によるテカリを抑える役割もあります。

EMS

パルス電流を流して、筋肉を自動的に動かし、運動しているのと似た状態を作ります。

表情筋の運動・小顔効果・リフトアップ・ハリを出す

ローラー

1 2