ブラックマンデー(英:Black Monday)とは、1987年10月19日に起こった、史上最大規模の世界的株価大暴落。ニューヨーク株式市場の暴落を発端に世界同時株安となった。暗黒の月曜日(あんこくのげつようび)ともいう。
ダウ30種平均の終値が前週末より508ドルも下がり、日経平均株価は3,836.48円安(14.90%)の21,910.08円と過去最大の暴落を起こした。

出典ブラックマンデー - Wikipedia

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

株式史上最大の暴落=ブラックマンデーを振り返る

世界の金融マーケット史に残る大暴落=ブラックマンデー。当時の様子や、起きた原因、その後の暴落(リーマンショックなど)との関連などについてまとめました。

このまとめを見る