1. まとめトップ

美容と健康には最高なんだけど、激マズ。ベジマイト&マーマイト貰っちゃった。

オーストラリア、ニュージーランドに行った事のある人なら大体知っている、悪名高きベジマイト・マーマイト。罰ゲームかと思うけど、お土産にする人も意外と多い。貰っちゃったんだけど、どうしよう…そんなあなたに

更新日: 2015年05月25日

aucklandさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 49851 view
お気に入り追加

どんなものなのか

ベジマイト and マーマイト

オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの国民的食べ物のようなもの。特徴的な味で、不味いことで有名。カラフルな瓶に入っていて、一見チョコレートクリームのよう

見た目はチョコレートペースト。
味は八丁味噌から甘みを抜いて、気の抜けたビールの味を凝縮して加えたもの。

オーストラリアでは普通?に食べられているベジマイト。
しかしオーストラリア・ニュージーランド以外はめったに見ることはない 不思議な食べ物、ベジマイト。

粘り気のある半液状で塩味が強く、独特の臭気を持つ。他に類を見ない味と香りのため外国人には理解できない味とされることが多く、日本や米国などでは悪評が高く普及してはいない

非常に栄養価が高く体にいいので、ベジタリアンの間で素晴らしい栄養源としての認識もある

イースト菌が主原料でとても健康に良い食べ物らしい。
日本のみそのようなもの。

VEGEMITE

主にオーストラリアで良く食べられている。イースト菌抽出物を元に作られており、麦芽抽出物も含んでいる。ビタミンB群に富み、栄養満点。

もともとが健康食品なのでマズくて当たり前なのだが、見てくれがチョコレートペーストに見えるため、勇んで買って口に入れて「げぼ」となるのである。

オーストラリア人の国民食。あのベジマイトがアメリカで輸入禁止に!
入国するオーストラリア人の身体検査までしてベジマイトを取り上げている。

必聴!ベジマイトソング♪

もう他読まなくていいから、この動画だけはみてほしい。
ベジマイト嫌いでもこの曲は可愛くて耳に残る。

We're happy little Vegemites as bright as bright can be.
(私たちは思いっきり輝いてるハッピーな子供達)
We all enjoy our Vegemite for breakfast, lunch, and tea.
(みんな朝も昼も夜もベジマイトを楽しんでるよ)
Our mother says we're growing stronger every single week.
(おかあさんは毎週丈夫になっていくって言うよ)
Because we love our Vegemite.
(だって私たちはベジマイトが大好きだから)
We all adore our Vegemite.
(私たちはみんなベジマイトがだーいすき)
It puts a rose in every cheek!
(みんなを元気にするからだよーん♪)

MARMITE

イギリス・ニュージーランドで多く食べられている。主原料は、ビールの醸造課程で増殖して最後に沈殿堆積した酵母。ビタミンBを多く含む。

デンマークでマーマイトの輸入が禁止!

なんでも、理由は「栄養価が高すぎる」からだそうです。

なくなったらパニックなんだって

2011年に発生したクライストチャーチ地震により、国内唯一のマーマイト工場が生産を停止。以降続いていた品薄状態は、「マルマゲドン(Marmageddon)」と呼ばれた

工場は2012年半ばに稼働を再開する予定だったが、作業は遅れ、ジョン・キー(John Key)首相を含む多くの人たちが不満を口にしていた。

店舗での入手が困難になったことで、消費者らはインターネットのオークションサイトでその味を求めるようになり、1個当たり80ニュージーランドドル(約6300円)の値が付いたこともあった。

とにかくまずいとしか言いようのないこのイギリスでは超メジャーな味・・・まず日本人をはじめイギリス人以外の誰もががまずいと思うであろう味・・・

1 2





aucklandさん

このまとめに参加する