1. まとめトップ

スマホ利益の厳しすぎる現実【上位二社が98%占有】

ソニーが3位と言うことでしたが、上位2社が圧倒的すぎて、お祝いできるような状況では無さそうです…。

更新日: 2013年11月29日

2 お気に入り 3209 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

whgadgetさん

携帯電話市場の営業利益で、ソニーが3位になったとのニュース!

Xperiaシリーズが好調なソニーの携帯部門の営業利益は3位

米市場調査会社SAがまとめた、2013年Q3の携帯電話市場の営業利益によります。

先日、台湾市場では市場シェア2割を突破

Sony Mobileが11月11日に台湾でプレスイベントを開催し、同社の台湾スマートフォン市場におけるシェアが販売金額ベースで20%を突破したことを発表しました。

「Xperia Z1」の発売以降にシェアが急速に伸び、発売開始から2か月で20%を突破したとして、Xperia Z1の売れ行きが好調

では、どれくらい儲かっているのかと言うと…

携帯電話市場の営業利益のメーカー別内訳は以下の通りです

・1位:Apple・・・50.7% (60億4200万ドル)
・2位:サムスン・・・47.2% (56億2700万ドル)
・3位:ソニー・・・0.3% (3800万ドル)

えっ、たったの0.3%!?

あまりの差に呆然とします…。

ソニー3位か、凄いな~と思ったが・・・2位の100分の1以下(;´Д`) リンゲルブルーメン: 携帯電話市場の営業利益、Appleが1位を奪還─2位サムスン、3位ソニー rbmen.blogspot.com/2013/11/apple1…

2位と3位の壁がw / “携帯電話市場の営業利益、Appleが1位を奪還─2位サムスン、3位ソニー | リンゲルブルーメン” htn.to/QZL2fc #sony

お!3位って思ったら2強のシェアがとんでもないな "携帯電話市場の営業利益、Appleが1位を奪還─2位サムスン、3位ソニー" feedly.com/k/IoUBxM

なんと、上位2社で97.8%を占める

世界の携帯電話市場全体の営業利益のうちAppleが50.7%を占め、四半期ぶりにSamsungを上回り1位となりました。2位のSamsungも47.2%を占め、この2社だけで携帯電話市場の利益の97.9%を独占しています。

利益の面からみると、アップルとSamsungの2強が突出しているのは明らかです。

これじゃあ、3位になったと言ってもあんまり意味が無さそう…。

別の会社の調査では、上位2社の利益が『109%』に…。

アップルの利益の割合が56パーセントに達したことが明らかになりました。市場に占める利益の割合で2番手となるのがSamsungであり、53パーセントを占めています。

両社の利益が市場全体の利益に占める割合が実に109パーセントに達していることとなっており、このような数字となるのは競合他社がスマートフォン市場で損失を計上していることが原因と考えられます。

他社の損失分も吸い尽くしているようです。

近頃はアップル&サムスンの利益の取り合い合戦が続く

26日、韓国サムスン電子が、携帯電話事業の営業利益額(推計)で4年近く首位だった米アップルを抜き、4~6月期にトップに立った

2013年7月のニュースです。

米市場調査会社SAがまとめた2013年Q3の携帯電話市場に営業利益において、Appleがサムスンから1位の座を奪還したことが明らかになりました。

こちらは2013年11月のニュースです。

どうしてこんな事に?

・iPhoneは利益率が高い

価格849ドルの5S(64ギガバイト)の部品と組み立てコストは、価格全体の約26%。一方、16ギガバイトモデルでは30%

1 2