1. まとめトップ

香典袋(お香典)の書き方とマナー・金額相場の基礎知識【法事・法要・葬儀・葬式・お通夜】

この度は、誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。葬儀、お通夜、告別式、法事に持っていく香典袋・不祝儀の書き方・表書き、薄墨、連名の場合、中袋のお金の入れ方、包み方、金額の書き方や水引きの種類、金額相場について説明します。

更新日: 2015年03月08日

1585 お気に入り 6263055 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

e140152さん

この度は、誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。

お香典とは、仏式等の葬儀で、死者の霊前等に供える金品、お線香・抹香や花の代わりに亡くなった方の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用ののし袋に包んだものを指します。

訃報の知らせを受けたら、香典はお通夜または告別式のいずれかにお香典を持参します。
ここでは、香典の基本的なマナーについてご説明いたします。

香典袋(こうでんぶくろ)・不祝儀袋(ふしゅうぎぶくろ)の種類と違い

お葬式に持って行く香典の表書きは、お葬式を出す家の宗教によって異なります。

裏側の折り方にも注意してください。
慶事とは逆で、先に下側を折って、次に上の折りを重ねます。返しが下に向くことで悲しみを表しています。
うっかり逆にしないように、くれぐれも気をつけてくださいね。
裏側に名前や金額を書く欄がある場合は記入します。

香典袋は、水引が印刷されたものから豪華な水引きがついているものなど、多くの種類が売られていますが、目安としては、香典金額が¥5,000くらいまでは水引が印刷されているシンプルなものを使い¥10,000以上の場合は、実物の水引がかかっているものを選びましょう。(あくまで格式を気にする場合の話です。)

通夜、告別式の場合は「取り急ぎ用意したため墨をよくすれませんでした」とか「涙で墨が薄まりました」の意味で薄墨のようですが、法事の場合はあらかじめ分かっているので、濃い墨で良いそうですよ。

お香典を入れる熨斗袋の表書きの一つとして使われるのが「御霊前」「ご霊前」です。

・水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。
・書く名前は、参列するあなた(会葬者)の名前です。

もし先方の宗教がわからない通夜・葬儀の場合には「御霊前」と書いたものであれば、たいていの宗教に用いることができます。香典(現金)だけでなく、御供物にも使うことができます。

※浄土真宗ではお通夜・葬儀ともに「御仏前」と記します。仏事にはそれぞれの宗教宗派ごとに定められた教えがあり、仏教ならどこでも御霊前で良いということはありません。

仏教の場合に使う香典の表書きで「御霊前」の他に「御香料」や「御香典」があります。

香典(現金)だけでなく、御供物にも使うことができます。

「御香典」は御霊前と違い通夜・告別式・四十九日いつ使っても大丈夫です。

御仏前という香典表書きは、一般的には四十九日の法要以後に使います。
(仏教では忌明け(四十九日)までを御霊と考え、忌明け後は仏様になるとの考えから忌明け後の法要に用います。)

一周忌、三回忌、七回忌…といった法事では、この「御仏前」または「御佛前」という表書きを使います。その他に法事の熨斗袋の表書きに使えるのは「御香料」「御供物料」などです。

※浄土真宗(本願寺派・大谷派など)に限り、死者は逝去後即ちに仏様になるとの考えから、通夜・ 葬儀告別式にも用いられます。

神式・神道、キリスト教の香典袋については、後述します。

香典袋の名前の書き方種類(夫婦、グループ連名、会社)

基本的な1人でのお供えする香典袋の下段の名前の書き方は、あなた(会葬者)のフルネームを薄墨の筆ペンで書きます。

ご夫婦揃って会葬する場合、それぞれのお付き合いによって連名にするか、世帯主名にするかのどちらかを選択するのが一般的です。夫婦ともに交流があった場合は連名にしましょう。

妻が代理で会葬する場合には、画像のように、夫の名前の傍らに「内」を小さく書き添えます。
その際、会葬者名簿にも同じように書きます。

3名まででしたら、右から順に目上の人から目下の人へと書いていきます。

中身の金額は連名だからといって合計で一人分ということではありません。お一人ずつ、お付き合いの程度によって用意します。

中袋には、代表者の住所を記入しましょう。喪家がお香典返しで困らないよう、「香典のお返し等はご無用に願います」と書き添えておくのも親切ですね。

表書きには「○○一同」のように、全体を表す名称だけを書き、別紙に全員の名前を書いて、中袋に入れます。個別の金額を書いてもいいでしょう。
中袋には、代表者の住所を記入しましょう。喪家がお香典返しで困らないよう「香典返し等はご無用に願います」と書き添えておくと親切です。

4名以上の場合は、表書きは団体名一同などと書き、別紙に全員分の名前を書き中袋に入れます。

友人一同などの場合には、あとで遺族がお礼状を書きやすいように各自の連絡先住所も明細に記載します。

会社名だけで香典を出すことはあまりありません。取引先の方が亡くなった場合でも、遺族に対して故人との間柄が伝わるように、会社名を右に書き添えて社長で出したりします。

役職と名前は一行で書くようにします。どうしても一行に収まらないばあいには、行を分けて書くことになりますが、氏名は中央にくるようにします。

表書きには「○○会一同」や、「株式会社○○営業部一同」のように、全体を表す名称だけを書き、別紙に全員の名前を書いて、中袋に入れます。個別の金額を書いてもいいでしょう。

中袋には、代表者の住所を記入しましょう。喪家がお香典返しで困らないよう、「香典のお返し等はご無用に願います」の一言は礼儀として。

お香典の中袋・中包みの書き方

中袋には、住所・氏名・金額を筆ペンなどで書きましょう。
小さい字で筆では難しい場合はペンでも良いです。

中袋に、漢数字(壱=一、弐=二、参=三、阡=千、萬=万、圓=円)で金額を書き、住所と氏名を書きます。住所は省略せず、郵便番号から書きましょう。
(例えば5000円の場合には、金五千円、金五阡円または金伍阡圓などと書きます。金額の後に「也(なり)」はつけてもつけなくても構いません。)

喪主側が表袋とは別々に管理しますので、表袋に住所を書いたとしても、しっかり記入してください。整理する側の負担を少なくしましょう。

お香典に新札(新しいお札)は、マナー違反です。

新札は「まるで亡くなることを準備していたようだ」ということから香典には向かないという考え方をする人が多いです。
もし真新しいお札を入れる場合には一度折って折り目をつけてください。
しかし汚れたお札やしわしわのお札を用いるのもマナー違反です。

両親が亡くなられた際 30000円~100000円
兄弟・姉妹が亡くなられた際 30000円~50000円
祖父母が亡くなられた際 10000円~50000円
親戚が亡くなられた際 10000円~30000円
仲人が亡くなられた際 10000円~
友人・知人が亡くなられた際 3000円~
隣近所が亡くなられた際 3000円~10000円
勤務先の上司が亡くなられた際 5000円~
勤務先の上司の家族が亡くなられた際 3000円~
勤務先の社員や同僚が亡くなられた際 5000円~
勤務先の社員や同僚の家族が亡くなられた際 3000円~

神式・神道、キリスト教の香典袋

神道の際は、「御玉串料」が一般的です。ほかに「御榊料」「供神前」「幣料」「御神前」などがあります。

弔事のほか、神の霊に供える意味で一般神事にも用います。

キリスト教式の場合に使う香典の表書きは「お花料」が一般的です。

十字架やユリの花の絵柄が付いているものがキリスト教式。

カトリックは「御ミサ料」、プロテスタントは「忌慰料」と表書きをする場合も。突然の訃報でキリスト教式の不祝儀袋が用意できない時は、白無地に双銀の水引でも失礼になりません。

会社や団体で香典を出す場合は、別紙に名前を記して中に入れて、「お返しは御遠慮いたします」などの一言を添えておきましょう。お返しの心配をさせない心配りもしましょう。

お香典の活用データ

1 2